歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

本日初日!扇雀、橋之助、亀鶴が公文協西コースでの意気込みを語りました。

本日初日!扇雀、橋之助、亀鶴が公文協西コースでの意気込みを語りました。

 8月31日~9月25日、全国20カ所で行われる「全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」西コース。初日を前に、扇雀、橋之助、亀鶴、そして『鳴神』白雲坊、黒雲坊で交互出演する、扇之助、扇一朗、橋弥、橋吾が公演での意気込みを語りました。

中村扇雀
 久しぶりに西日本を中心とした全国の皆様にお目にかかれて嬉しく思っています。今回のお役は、歌舞伎十八番の内『鳴神』の雲の絶間姫です。私は2回目になりますが、前回も橋之助さんの鳴神上人で勤めておりますので、さらに息のあったところを皆様にお見せしたいと思っています。

 雲の絶間姫は、非常によく喋る女方の一つですので、セリフで全体の流れが途切れないように、歌舞伎のリズムを大切に勤めなければいけません。皆様を途中で飽きさせないように、そして舞台にグイグイ引き込んでいくようなリズムを創りたいと思っております。

中村橋之助
 『鳴神』というお芝居が大好きで、鳴神上人は何度か勤めさせて頂いておりますが、世界に雨を降らせない事のできるような高僧、歌舞伎十八番の大きさというものが必要なお役です。初めて勤めた時の心持ちを大切にして勤めたいと思っています。

 今回の巡業を通じて、多くの方々に、日本の伝統芸能・歌舞伎とういものの楽しさを味わっていただきたいと思っております。『鳴神』は歌舞伎の醍醐味がぎっしりとつまった人気狂言ですから、きっと皆様にも楽しんでいただけると思います。各地で大勢のお客様にご覧頂きたいと願っています。

中村亀鶴
 『歌舞伎の見方』では進行を勤めますが、お客様にも舞台に上がっていただき、立廻りなどを実演していただく"体験型"にしたいと思っています。さらにお客様の反応によって毎日少しずつ内容を変え、生の舞台の楽しさを楽しんでいただきたいと思っています。『俄獅子』では、鳶の者亀松を勤めます。公演の最後の演目ですので、皆様に華やいだ気持ちになって帰っていただけるように、精一杯勤めさせていただきます。

本日初日!扇雀、橋之助、亀鶴が公文協西コースでの意気込みを語りました。

中村扇之助
 白雲坊を勤めさせて頂きます。6年前に国立劇場で一度勤めさせて頂いた事がありますが、その時よりも少しでも進歩している姿を観て頂けるように勤めたいと思っております。皆様に少しでも楽しんで頂けるように、頑張りたいと思います。

中村橋弥
 扇之助さんの白雲坊とご一緒し黒雲坊を勤めさせて頂きます。6年前に白雲坊を勤めさせていただきましたが、その時にやりたいと思いながら出来なかった事を、今回先輩に教わり、さらに良いものにしたいと思っています。一所懸命頑張りますので、どうぞ劇場にいらして下さい。

中村扇一朗
 白雲坊を勤めさせて頂きます。白雲坊は芝居を引っ張っていく繋ぎ役のようなお役だと思っています。扇雀さん橋之助さんに迷惑を掛けることがないように、そして芝居を壊さないように、しっかり勤めさせていただきます。今回出身地である北九州にいきますが、僕を育ててくださった皆様に舞台を通じて少しでも恩返しができればと思っております。

中村橋吾
 黒雲坊を勤めさせていただきますが、先輩方がなさっている姿がとても目に残っているお役です。それに追いつき、そして追い越すことができるように一生懸命勤めさせていただきます。今回の公演では、タテもつけさせていただいております。今は先輩方に沢山アドバイスをいただきながらですが、早く一人前になれるよう、しっかりと勉強していきたいと思っております。

本日初日!扇雀、橋之助、亀鶴が公文協西コースでの意気込みを語りました。

▲ 写真左:扇之助(右)と橋弥 写真右:扇一朗(右)と橋吾

2010年08月31日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る