歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

愛之助出演『小川の辺(おがわのほとり)』が2日(土)より全国公開

藩命か。愛か。海坂藩(うなさかはん)から江戸へ100里の旅。

 藤沢周平作品の中でもひときわ名作との声が高い小品「小川の辺」が、ついに映画化。海坂藩士・戌井朔之助(東山紀之)が藩命を受けて打つ相手、妹・田鶴(菊地凜子)の夫・佐久間を、片岡愛之助が演じます。

 愛之助演じる佐久間は藩政に物申して脱藩、藩の追手も歯が立たないほどの剣術の名人ゆえ、剣の腕を見込まれた戌井に白羽の矢が立ちます。愛之助と東山の緊迫した立ち合いは、山形からの道中の風光明媚な景色とともに、映画の大きな見どころとなっています。

映画『小川の辺』

出演
東山紀之、菊地凜子、勝地 涼、片岡愛之助、尾野真千子、笹野高史、
松原智恵子、西岡徳馬、藤 竜也ほか

原作
藤沢周平「海坂藩大全」文藝春秋、「闇の穴」新潮文庫 所収

監督
篠原哲雄

脚本
長谷川康夫、飯田健三郎

音楽
武部聡志

110620ai_1.jpg

(C)2011「小川の辺」製作委員会

110620ai_2.jpg

2011年06月21日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る