歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

九世團十郎ゆかりの品も多数展示「川上音二郎・貞奴展」

 茅ヶ崎市美術館では、川上音二郎没後100年、貞奴生誕140年を記念して、「川上音二郎・貞奴展」が開催中です。
 茅ヶ崎といえば、九世市川團十郎の別荘「孤松庵」があった土地として歌舞伎ファンにも馴染みが深い場所ですが、川上音二郎と貞奴が、九世團十郎を深く尊敬し、大きな影響を受けていることから、今回の展覧会では、九世團十郎に関する資料や展示も数多く出展されています。
 九世團十郎の芝居の錦絵や、ラグーザ作の胸像をはじめ、別荘のジオラマやそこで行われた「園遊会」の写真まで、貴重な展示の数々は一見の価値あり。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音二郎没後100年・貞奴生誕140年記念
川上音二郎・貞奴展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会期
2011年9月10日(土)~11月27日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)

「川上音二郎・貞奴展」詳細はこちら

会場
茅ヶ崎市美術館
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45

入館料
一般500円(300円)/大学生300円(250円)
高校生以下、市内在住65歳以上の方・障害者およびその介護者は無料。  
※ ( )内は20名以上の団体料金

主催
財団法人 茅ヶ崎市文化振興財団

共催
川上音二郎没後100年・川上貞奴生誕140年記念事業実行委員

助成
芸術文化振興基金
公益財団法人 花王 芸術・科学財団
公益財団法人 野村財団

後援
在日フランス大使館/茅ヶ崎市教育委員会

協力
ANA/ちがさき丸ごとふるさと発見博物館

お問い合わせ
茅ヶ崎市美術館
tel. 0467-88-1177

※なお、アメリカ公演中の困窮する川上一座から、なにかと支援してくれたアメリカ在住の画家青木年雄に当てた書簡類などをまとめた資料が松竹大谷図書館から見つかり、初出展されています。

2011年09月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る