歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

幸四郎『佐倉義民伝』出開帳法要~新橋演舞場「三月大歌舞伎」

幸四郎『佐倉義民伝』出開帳法要~新橋演舞場「三月大歌舞伎」

 新橋演舞場「三月大歌舞伎」夜の部で上演される『佐倉義民伝』は、木内宗吾が堀田家の暴政に苦しむ人々のために、四代将軍家綱に直訴したという史実を劇化した作品。今年は木内宗吾が宗吾霊として祀られてから360年という節目の年にあたります。
 「三月大歌舞伎」の公演期間中、新橋演舞場劇場ロビーにて木内宗吾を祀る宗吾霊堂(千葉県成田市)の出開帳(でかいちょう)が行われるにあたり、初日前の3月1日、木内宗吾を勤める松本幸四郎が出席し、出開帳法要が行われました。

幸四郎『佐倉義民伝』出開帳法要~新橋演舞場「三月大歌舞伎」
御本尊宗吾様の前で

松本幸四郎
 宗吾様は、みんなの為に命をかけて尽くしてくれた素晴らしい方、こういうお役が勤められる役者になるように、今まで自分が俳優の道を歩んできたような気がします。

 人々のために自分の命を捨てた宗吾様は英雄というよりも、素敵な方、チャーミングな方だったのではないでしょうか。そういう人だからこそ、今日まで360年間語り継がれ、佐倉の方々に愛され続けている・・・それは本当に心が和む素敵な事だと思います。

 今回、息子の染五郎、孫の金太郎、三代で舞台を勤めさせて頂きます。僕にとっては奇跡に近い、やろうと思って出来ることではありません。自分が今までやってきたこと、それが良かったかな、と思う瞬間ですね。

幸四郎『佐倉義民伝』出開帳法要~新橋演舞場「三月大歌舞伎」
市観光キャラクター「うなりくん」と一緒に

 法要の後、成功祈願の為に訪れた「宗吾霊堂」で同行した成田市観光キャラクター「うなりくん」と再会。成田の名物"うなぎ"と飛行機を模した可愛らしい「うなりくん」の姿を見かけ幸四郎も思わずニッコリ!プレゼントを交換した後に「お互い日本のために、希望と勇気と癒しを与えていきましょう」と固い握手を交わしました。

【関連ニュース】
幸四郎『佐倉義民伝』成功祈願で「宗吾霊堂」参詣

2012年03月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る