歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」でお練りが行われました

四国こんぴら歌舞伎大芝居でお練りが行われました

 香川県琴平町に現存する日本最古の芝居小屋、旧金毘羅大芝居(金丸座)で行われる「第二十八回 四国こんぴら歌舞伎大芝居」の初日を前に、4月4日(水)、出演者らが、金刀比羅宮での成功祈願の後、人力車に乗って恒例のお練りをおこない、詰めかけたファンの前で意気込みを披露しました。お練りでは沿道を埋めた大勢のファンから「播磨屋!」と大きな声援が掛り、紙吹雪が舞う青空の下、桜も見頃となった琴平の町はこんぴら歌舞伎の開催を祝う華やかなムードに包まれました。

四国こんぴら歌舞伎大芝居でお練りが行われました
金刀比羅宮での成功祈願

中村 吉右衛門
 7年ぶりのお目見得でございます。27年前、第1回「こんぴら歌舞伎大芝居」の時も感激いたしましたが、その時と同じようにこうして皆様方に歓迎していただき感動しております。
 今回は中村又五郎さん、中村歌昇さんの襲名披露興行でございます。私の芝居(『一本刀土俵入』)も新又五郎さんの芝居(『義経千本桜』)も愛情がテーマになっていて、みなさんの感涙を絞ろうと、どうぞご覧になる時には手拭などをご用意していただいて・・・若手の方達も活躍してくれて華やかな舞台になると思います。

中村 又五郎
 この度「こんぴら歌舞伎大芝居」におきまして、三代目として中村又五郎を襲名させていただくことになりました。このように、息子の歌昇共々襲名披露をさせていただけるというのは、琴平町の皆さんのお力添え、また吉右衛門のお兄さんをはじめ諸先輩方のお力添えがあっての事と思います。私も7年ぶりのお目見得です。お芝居をご覧になって、楽しんでいただいて「ああよかったと」思っていただけるような舞台が勤められるように一所懸命勤めます。

中村 歌昇
 今回はじめて金丸座に出演させていただく事になりました。小さい頃から憧れていた舞台で四代目歌昇を襲名披露をさせていただくのは、本当に有難いことと思っております。また、本日このような盛大なお練りも、人力車を引いて下さった方々や、大勢の方々のお力添えがあってのことと、有難く思っております。この感謝の気持ちを力にかえて、舞台を一所懸命勤めたいと思います。

四国こんぴら歌舞伎大芝居でお練りが行われました
セレモニー会場「金陵の郷」

中村 歌六
 金丸座の「こんぴら歌舞伎大芝居」は、初のお目見得でございます。これまでご縁が無く、常々出たい出たいと思っておりましたので、非常に嬉しいです。それがまた弟又五郎、甥の歌昇の襲名披露で出演できますこと、本当に嬉しく思っております。どうぞ18日間、皆様宜しくお願い申し上げます。

中村 芝雀
 歌六お兄さんとは全く逆で、私は昨年も来させていただきまして、実にお馴染みの顔になってしまいました(笑)。今年は播磨屋(吉右衛門)のお兄さんのもと、又五郎さん、歌昇さんの御襲名という、このお祝いすべき興行に私も加わらせていただきまて、こんなに幸せなことはございません。

中村 錦之助
 7年ぶり3度目、錦之助を襲名してからは初めての「こんぴら歌舞伎大芝居」です。又五郎兄さん、歌昇さんの襲名披露公演にこうして参加でき、親戚の一人として、このように嬉しいことはござません。まだお切符をお求めでない方は、ぜひチケットをお求めの上、ご来場賜りますよう宜しくお願いいたします。

澤村 由次郎
 私も7年ぶりの御目見得でございます。その時は、吉右衛門兄さんと金比羅様に参詣させていただきまして、以来非常に運が廻って良いことがたくさんございまして、金比羅様は大好きでございます(笑)。東京の金比羅様にも時折お参りにいっており、こうして出演させていただきます事、大変嬉しく思っております。

大谷 桂三
 私も「こんぴら歌舞伎大芝居」への出演は初めてで、とても喜んでおります。舞台稽古をいたしまして、つくづくこれが昔の芝居小屋、歌舞伎の偉大な先人達がこういう小屋でいろいろなお芝居を創り上げてこられたのだな、と感じております。成功祈願で身も心も清め参りましたので、このまま明日の初日を迎えたいと思います。

四国こんぴら歌舞伎大芝居でお練りが行われました

中村 種之助
 父(又五郎)や、吉右衛門のおじ様の「こんぴら歌舞伎」を見に来ることはありましたが、その舞台に初めて出演させていただき大変嬉しく思います。また、今回初めて女方も勤めさせていただくので緊張しておりますが、精一杯勤めさせていただきます。

中村 米吉
 父(歌六)共々初めて「こんぴら歌舞伎大芝居」に出演させていただきます。第二部の『戻駕色相肩』では種之助さんと隼人さんと三人交代で禿を勤めさせていただきますので、皆様ぜひ三人全員の舞台をご覧になってください(笑)。

中村 隼人
 私も父(錦之助)と同じく7年ぶりにお目見得させていただきます。7年前は小学生で、この場所でほんとに何もしゃべれなかった思い出がありますが、今日もここに立つと・・・全部飛んでしまいました(笑)。18日間、宜しくお願いします。

2012年04月05日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る