歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助ほか『空ヲ刻ム者』出演者と作・演出家が語る

sorawo_0113a.jpg

▲ 右より、前川知大、市川右近、市川猿之助、佐々木蔵之介、市川笑也

 

 

 3月5日(水)から新橋演舞場、4月5日(土)から大阪松竹座で上演されるスーパー歌舞伎II(セカンド)『空ヲ刻ム者―若き仏師の物語―』の出演者、市川猿之助、市川右近、市川笑也、佐々木蔵之介、そして作・演出の前川知大が、公演に向けての抱負を語りました。

スーパー歌舞伎を継承、進化させた"II(セカンド)"に

sorawo_0113b.jpg

 一昨年に始まった襲名披露公演『ヤマトタケル』で、初めてスーパー歌舞伎を知ったお客様が生まれ、「スーパー歌舞伎というジャンルを継承していきたい、定着させたい、さらに進めたい」との猿之助の強い意志のもと、"スーパー歌舞伎II(セカンド)"と名付けられた今度の公演。このネーミングにはスーパー歌舞伎の生みの親、猿翁も大賛成したそうです。

 「次のスーパー歌舞伎をいつかつくりたいという、長年の夢がありました。一人ではできないことだけれど、一人の思いから始まる。強く思い続けることが大切であって、今回、いろいろな出会い、襲名、周りの力、見えない力が加わって動き出しました」と、猿之助は公演の実現を喜びました。

 「一人でも多くのお客様に劇場に来ていただき、幸せになって帰ってもらう。さらには、もう少し歌舞伎を観てみようかなと、歌舞伎の客層が広がること」。その理想に向け、「大立廻りと宙乗り。最後の宙乗りを納得させる脚本に」と、作・演出の前川に依頼したそうです。

"II(セカンド)"の新しさを象徴する人

sorawo_0113c.jpg

 前川について猿之助は、前川作品(2009年『狭き門より入れ』)に出演した折、「面白いストーリー性のものを書く人。歌舞伎にない、歌舞伎になりにくい、だからこそ歌舞伎にすると面白い作品になる」と確信したと言います。「スーパー歌舞伎の手法が、前川さんのファンタジックな世界にふさわしい」。

 歌舞伎初参加の前川は、スーパー歌舞伎が"II(セカンド)"たる由縁となる新しさを担います。「現代劇の文脈に歌舞伎をミックスできれば、新しいスーパー歌舞伎ができるのでは。猿之助さんから、まずは自分の世界観で書いてから、どうスーパー歌舞伎にすればいいか考えればいいと言われ、面白いものを書くことに集中しました。歌舞伎の演出方法を継承しつつも、全部歌舞伎にするわけではなく、残る部分に新しさが出ると思います」。

sorawo_0113d.jpg

 もう一つの新しい要素は現代劇の俳優3名の参加です。会見に登場した佐々木は、『狭き門より入れ』で共演した猿之助(当時亀治郎)に、「僕が現代劇に出たので、次は歌舞伎に出てください」と言われたときを振り返り、それがまさかの現実となって「猿之助さんの思いが本当に強くて...、今は楽しむしかないと思っています」と、現在の心境を率直に語りました。

 スチール撮影では「白粉っていろんな色があるんだとか、すべてが未知との遭遇で、新鮮。でき上がりはとても自分とは思えない顔」と感じたそう。猿之助から「これを毎回、自分でやってもらいます」と言われ、「白粉からの稽古です」と覚悟を決めた様子でした。

 そんな佐々木に対し、猿之助は「歌舞伎の演技術を使って、歌舞伎俳優には出せないものを出してもらい、稽古を通じて刺激的な出会いになれば」と、稽古を今から楽しみにしていると話しました。そして「歌舞伎はあらゆる垣根を超えなくてはいけない。どんな俳優さんがやろうが、"歌舞伎の演技法でやれば歌舞伎"という伯父(猿翁)の精神を受継ぎたい」との考えを明らかにしました。

強力な共演者を得て

sorawo_0113e.jpg

 「スーパー歌舞伎がセカンドステージに。若き四代目猿之助さんの思いが実現するにあたり、三代目(猿之助=猿翁)に師事し、スーパー歌舞伎ができ上がるまでをそばで経験、全9作品を間近に拝見してたくさんの勉強をさせてもらった我々もともに、次のページをめくらないといけない」と語ったのは、猿之助にとって心強い共演者となる右近です。「20数年積み上げてきた(スーパー歌舞伎をつくる)ノウハウの、完成形を利用させていただけるのがありがたい」と、猿之助は全面的な信頼と感謝を表しました。

sorawo_0113f.jpg

 「市川門之助さんとともに"スーパー歌舞伎皆勤賞"」を誇る笑也も、やはりスーパー歌舞伎のノウハウを熟知する一人で、今回は盗賊の女首領という役どころを勤めます。「三代目からは、芝居がうまくなりたいなら、四六時中、芝居のことを考えろと言われました。たくさん怒られた分、スーパー歌舞伎に必要なものを吸収していると思います」と、今回の作品づくりに尽力することを約束。佐々木へのアドバイスはと聞かれ、さっそく「"習うより慣れよ"。...慣れましょう」と、究極のひと言で場を沸かせました。

 「夢がかなってわくわくしている。失敗したら役者をやめる覚悟、それくらいの気概で」と言葉に力を込めた猿之助の、スーパー歌舞伎II(セカンド)「空ヲ刻ム者―若き仏師の物語―」。チケットはチケットWeb松竹チケットホン松竹にて、1月25日(土)に 新橋演舞場公演分を発売、大阪松竹座公演分は2月19日(水)発売です。

2014年01月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る