歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

kabukiza_0102a.jpg

 1月2日(木)、歌舞伎座新開場柿葺落「壽初春大歌舞伎」が初日の幕を開けました。

 1月の歌舞伎座は、昼の部で『時平の七笑』『石切梶原』『松浦の太鼓』『おしどり』、夜の部で『仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居』『乗合船恵方萬歳』『東慶寺花だより』と、昼夜ともに豪華顔合わせによる魅力あふれる演目が並んでいます。

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

 昨年4月に新開場した第五期歌舞伎座の、初めてのお正月。第四期と同じく、劇場前には門松が飾られ、1階ロビーの大間のお供えやお正月飾りなど、歌舞伎座は普段以上に晴れやかな雰囲気に包まれています。

 初日の本日は、お正月らしい晴れ着に身を包んだお客様もたくさんご来場され、劇場内外で記念写真を撮られる姿が見受けられました。

 また、劇場内1階売店「木挽町」もお正月の装いに。そして、お正月らしい華やかな木挽町広場には、歌舞伎座にいち早く春を呼ぶ「啓翁桜(けいおうざくら)」(山形産)も飾られました。お正月はぜひ歌舞伎座で、初芝居をお楽しみください。

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

 劇場1階売店「木挽町」のお正月飾り

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

▲ 地下2階木挽町広場に飾られた啓翁桜


 歌舞伎座新開場柿葺落「壽初春大歌舞伎」は、26日(日)まで。チケットは チケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。

2014年01月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る