歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助、愛之助ほか「新春浅草歌舞伎」鏡開きで出演者がご挨拶

asakusa_0102a.jpg

右より、西村幸記松竹株式会社執行役員、市川猿之助、市川男女蔵、市川門之助、市川弘太郎、中村米吉、中村壱太郎、中村歌昇、坂東巳之助、中村種之助、中村隼人、中村梅丸、上村吉弥、中村亀鶴、片岡愛之助、吉住弘台東区区長


 1月2日(木)、浅草公会堂で、「新春浅草歌舞伎」恒例の鏡開きが行われ、出演者が新年のご挨拶を行いました。

 穏やかな天候で迎えた初日の浅草公会堂前には朝早くからお客様が駆けつけ、出演者たちの登場を待ちわびていらっしゃいました。その中、登場した出演者からは、新年のご挨拶や出演の喜びとともに、「新春浅草歌舞伎」へのさまざまな思いが語られました。

市川猿之助 片岡愛之助

 「猿之助となって浅草にご恩返しの意味を込めまして出演させていただきます」と口火を切った猿之助が、中央に並んだ若手俳優たちを指して「彼らがこれからの浅草を背負って立ちます。この若手たちに熱い熱い声援を」と、お客様にお願いすると、愛之助も「私もまだ若手ですが、ここには本当の意味での若手が並んでいます。末永く応援してください」と添えました。

 浅草歌舞伎で長く活躍を見せてきた男女蔵は、2年ぶりの出演。「オメッティー!」のかけ声に「浅草にカムバックしました。今年はふなっしーにあやかり、"おめっしー"になろうと思います」と言って場を沸かせました。同じく浅草出演が続く亀鶴は「舞台は生き物、この空気、この瞬間は、この時しかありません。歌舞伎は時代を超えて色あせない、日本の宝。お客様もぜひ下の世代に歌舞伎のよさを伝えてください」と、アピールしました。

 猿之助、愛之助の応援を受けた歌昇は、「お兄さんたちがつくった浅草歌舞伎に出させていただけることがありがたい。(若手だけが出演する自身の)『石橋』では存在感を出せるように頑張ります」と意気込みを見せました。巳之助は、2年前に当時亀治郎だった猿之助から「君たちが背負っていってくれ」と千穐楽のカーテンコールで託されたバトンを取り出し、「来年こそ我々がバトンを受けて走り抜けたい、という思いで、いったんお返ししたい」と猿之助に差し出すと、続く壱太郎も「実は...」と言ってバトンを猿之助に渡し、「来年は僕たちがこの浅草の看板を背負っていけるように頑張ります」と力強く宣言しました。

 さらに若い4人も、「お兄さん方のエネルギーに負けないよう、精いっぱい勤めたい」(種之助)、「昼は歌舞伎座に出演、お兄さん方になんとかついていけるよう頑張ります」(米吉)、「僕も昼は歌舞伎座、夜の部は『石橋』、お兄さん方に負けないパワーを芝居に注ぎ込みます」(隼人)、「先輩方によく教わって、懸命に千穐楽まで勤めます」(梅丸)と、それぞれに頼もしい言葉で意欲を語りました。

 今年が浅草初出演となるのは弘太郎。「26日まで浅草の雰囲気を楽しみながら、懸命に勤めさせていただきます」と笑顔で語り、「昨年に引き続きましての出演、昼夜3役頑張ります」と、吉弥もお客様からの声援ににこやかに応えながらご挨拶しました。

 最後に門之助が「初春にふさわしい浅草、何と言っても、若いエネルギー、みずみずしいエネルギーがいっぱい詰まっています。浅草の街を含めて、浅草で楽しんでいただきたい」と締めくくりました。そして、次代へのバトンタッチの公演となることを深く印象づけたご挨拶のあとは、恒例の振る舞い酒で、寒い中お集まりのお客様に温まっていただきました。

 「新春浅草歌舞伎」は26日(日)まで(13日[月・祝]第1部は休演)、チケットは チケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。


「新春浅草歌舞伎」公式サイトはこちら

2014年01月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る