歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

渋谷・コクーン歌舞伎出演者らがお練り

shibuya_0601a.jpg

 6月1日(日)、渋谷で開催されたイベント「第1回 SHIBUYA ルネッサンス」で、渋谷・コクーン歌舞伎第十四弾『三人吉三』の出演者と演出の串田和美がお練りを行いました。

 渋谷の地域活性化を目的に、古典文化と現代文化をつなぎ、渋谷ならではの文化を、街が一体となって国内外へ発信しようという今回のイベント。その核の一つが、開館25周年を迎えるBunkamuraです。当日は、マーチングバンドの行進や東京フィルハーモニー交響楽団によるクラシックライブ演奏とともに、コクーン歌舞伎出演者から、中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、片岡亀蔵、笹野高史と、演出の串田和美が参加してお練りを行いました。

渋谷・コクーン歌舞伎出演者らがお練り
 東急百貨店本店前の特設ステージに登場した6人は、口上にて狂言ご披露の後、手締めをして6台の人力車に乗り込みました。地元の皆さんがかつぐ御神輿と木遣り唄、纏振りを先導にお練りが出発、沿道からは「中村屋!」「音羽屋!」「松島屋!」「淡路屋!」の掛け声が飛び交い、文化村通りのおよそ180メートルをゆっくり20分近くかけて進みました。

中村勘九郎
中村七之助
尾上松也

 夏の日差しが照りつける中、うちわを片手に浴衣姿でのお練りとなり、「お暑い中、お集まりくださったことに感謝します。当日券もございますので、ぜひ劇場へ」と勘九郎。七之助も「お集まりの皆さん全員が、コクーンに来て欲しいです」と公演をアピール。松也は「"濃厚な"お練りでした。初日に向けていいエネルギーをいただきました」と感謝しました。

 亀蔵が「今回は初参加の人が半分近くいますが、それを含めてのコクーン歌舞伎」と言えば、笹野は、「渋谷色のパワー、新しい色の歌舞伎です。かぶいている演者をどうぞ、見に来てください」と、新たな『三人吉三』誕生を宣言しました。

 そして演出の串田が、「劇場のある街って素晴らしい。歌舞伎は古典芸能といわれますが、これは、今の渋谷で起こっている歌舞伎です。コクーン歌舞伎20年目、これからもよろしくお願いします!」と、古典文化と現代文化をつなぐ今回のイベントにふさわしいコメントで締めくくりました。最後に、鏡開きで公演の成功と渋谷の発展を願い、集まった皆さんの大きな拍手に送られてイベントは終了しました。


渋谷・コクーン歌舞伎第十四弾『三人吉三』公演情報はこちら

2014年06月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る