歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

kabukiza_150102a.jpg

 1月2日(金)、歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」が初日の幕を開けました。

 1月の歌舞伎座は、昼の部で『金閣寺』『蜘蛛の拍子舞』『一本刀土俵入』、夜の部で『番町皿屋敷』『女暫』『黒塚』と、昼夜ともに華やかな顔合わせによる魅力あふれる演目が並んでいます。

 お正月を迎えた歌舞伎座では、劇場前に門松が飾られ、1階ロビーの大間のお供えや正月飾りなど、普段にもまして晴れやかな雰囲気に包まれています。

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

劇場に一歩入った大間にはあふれんばかりの正月飾り

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

入り口正面には鏡餅のお供え


 賑やかに飾りつけられた地下2階の木挽町広場には、歌舞伎座にいち早く春を呼ぶ「啓翁桜(けいおうざくら)」も飾られ、劇場前や場内のそこかしこで、晴着姿で記念写真を撮られるお客様が見受けられました。

歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」初日開幕

初春気分が満喫できる木挽町広場

 さらに、昨年11月にご来場者200万人を達成した第五期歌舞伎座では、来月の「二月大歌舞伎」中のご来場者2,222,222人を達成する回を当てる 「縁起 弐ならび 目前企画」もスタートしています。

 お正月はぜひ歌舞伎座で、初芝居をお楽しみください。

 歌舞伎座「壽初春大歌舞伎」は1月26日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。

2015年01月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る