歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「南座 歌舞伎鑑賞教室」初日の賑わい

 5月8日(金)、京都四條南座で「第二十三回 南座 歌舞伎鑑賞教室」が初日の幕を開けました。

 歌舞伎をご覧になったことのない人にも、気軽に劇場へお越しいただきたいと、平成5(1993)年に始まった南座の歌舞伎鑑賞教室。23回目の今年も幕開きはお馴染み、落語家の桂九雀のご案内による解説「南座と歌舞伎」です。

 鳴物の藤舎呂秀との掛合いによる歌舞伎の下座音楽の解説などや、今年は『新口村』の舞台を背景に、父孫右衛門に扮した九雀がひとくだりを演じるなど、バラエティーに富んだ内容となっています。お客様を舞台にご招待するコーナーでは、初日は学生さんが立候補。梅川の衣裳を着付けて花道を歩いたり、記念撮影したりで、客席から「うらやましい!」といった声も上がって大盛り上がりでした。

 続いては、上村吉弥の腰元かさね、中村松江の百姓与右衛門実は久保田金五郎による『色彩間苅豆 かさね』の上演。音楽は清元の名曲といわれており、また、「歌舞伎鑑賞教室」23回目にして初の怪談舞踊です。

 揚幕から登場するかさねと与右衛門の美男美女が、しっとりとした色模様を見せる前半は、与右衛門を思う気持ちのあふれるかさねでしたが、巡る因果の果て、後半には美しかったかさねの顔が醜く変貌します。恐ろしくも美しいドラマ性に満ちた展開とともに、二人の立廻りや帯打ちなど、歌舞伎舞踊ならではの演出は、お客様も息をのむほどの迫力でした。

「南座 歌舞伎鑑賞教室」初日の賑わい 京都四條南座「第二十三回 南座 歌舞伎鑑賞教室」は、5月14日(木)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。

2015年05月08日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る