歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助、開幕直前『ワンピース』への意気込み

猿之助、開幕直前『ワンピース』への意気込み

 10月7日(水)の初日を前に、新橋演舞場でスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』の舞台稽古が公開され、主演・演出の市川猿之助が開幕に向けての意気込みを語りました。

 「漫画、アニメ、そのままでやらない。歌舞伎ならこうやる、というのをやらせていただきました」。猿之助が目指したのは、やはり歌舞伎でした。“「ONE PIECE」を知らない代表”として脚本づくりに携わり、「誰よりも詳しいほど研究いたしました」と言います。アニメの声優からは、「私たちと違うものを見たいと励まされ、それに勇気を得て、新しいものをつくってみました」と、猿之助は笑顔を見せました。


劇場でライブ感を出す
 宙乗り、早替り、豪華絢爛の衣裳…。歌舞伎の手法、さらには「今やれることを全部やった。スーパー歌舞伎の手法をすべて入れて盛りだくさんにした」と話す声には、やりきった満足感もにじみ出ていました。それでも、「仕上がりは90パーセント。あとの10パーセントはお客様がつくってくださる」と、猿之助は言います。

 というのも、昨夏、今回の作品に主題曲を提供している北川悠仁のゆずのライブを見た猿之助は、「この一体感を舞台でやりたい」と思ったことを明かしました。そして、明日からは、お客様のいない稽古では得られなかったライブ感、舞台と客席との一体感、劇場全体が一つとなる舞台を目指します。

ルフィ=猿之助 !?
 「ルフィはやればやるほど魅力がある人間。仲間に助けられ、まさに、共演者、スタッフに助けられている僕の立場と同じだと思います。ルフィは仲間を集める求心力がすごい。それを自分のものにできたらいいですね」。ルフィの、仲間がいないと生きられない、一人ぼっちが寂しいところは、自分に似ているとも言った猿之助には、演じるルフィへの思い入れの強さがありました。

 豪華な衣裳を着られるハンコックが一番好き、というのは稽古前から変わらない気持ちのようですが、「ルフィはどこを見てもシャツにズボン、柄もあまり変わらない。なので、同じ赤い衣裳でも、登場するたびに着替えたいと言いました。ですから、場面によって赤色が微妙に違うんです」と、思いの強さは衣裳のこだわりにも表れているようです。

 「若い俳優たちがたいへん素晴しい。彼らが想像以上に素晴しいので、ぜひ応援していただきたい。若手には羽ばたいてもらいたいですから」と、共演者の活躍を喜び、「仕掛けがいっぱいで、大道具さんが本当に大変なんです」と、スタッフをねぎらう姿が、すっかり、麦わらの一味を率いるルフィに見えてきたところで、猿之助は再び仲間の待つ稽古へと向かいました。

 新橋演舞場 スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』は、7日(水)から11月25日(水)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

2015年10月06日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る