歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 

 1月2日(土)、大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕、初日開幕前に出演者による新年のご挨拶と鏡開きも行われました。

 正月客の行きかう道頓堀で、ひときわ大勢の人出で賑わっていたのが大阪松竹座の劇場前でした。カメラを手に出演者の登場を待ちわびる方々の前に、坂田藤十郎、中村扇雀、片岡愛之助、市川中車、中村壱太郎が現れると、威勢のよい屋号のかけ声も飛び交いました。

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 新年を彩る清々しい表情で登場した出演者。初めにご挨拶した壱太郎は、「初春大歌舞伎に、最初の演目から出演させていただけてうれしいです」と喜びを語り、「今年も全力で挑みたいです」と新年の抱負を語りました。

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 続いてご挨拶した中車は、「3年ぶりの大阪松竹座で、大変うれしいです。初春にふさわしい舞台になるように、全力で気を引き締めて挑みたい」と語り、一人でも多くの方に観てもらいたいと意気込みました。

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 愛之助は、「初めての方にも楽しんでいただけるような演目になっておりますので、歌舞伎を観たことがない方もぜひ、劇場へ連れてきていただきたい」と力強く語りました。

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 扇雀は「昨年に引き続き、ここ大阪松竹座で初春を迎えられることは、本当にうれしい」と話し、「上方で少しでも多く歌舞伎ができるように、今年も頑張っていきたい」と晴れやかな声を響かせました。

 

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

 最後にご挨拶に立った藤十郎は、「このお正月は大入り満員で! 一所懸命勤めます」と笑顔で語り、「本年も歌舞伎の応援よろしくお願いします」と力強く、お集まりの皆さんに呼びかけると、「山城屋!」の声もかかって大きな拍手が沸き起こりました。

 

 そして、五人が木槌を手に威勢よく鏡開きを行ったあとは、藤十郎の発声でお集まりの皆さんと大阪締めをして、華やかな新年の年明け恒例行事も終了。熱気冷めやらぬまま開場となり、和服姿も艶やかなお客様でいっぱいの場内の幕が上がりました。

 大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」は26日(火)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

 

大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」が開幕

2016年01月02日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る