歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

松也歌舞伎自主公演「挑む Vol.8 ~外伝~」のお知らせ

 7月13日(水)~15日(金)、東京 渋谷セルリアンタワー能楽堂で、尾上松也歌舞伎自主公演「挑む Vol.8 ~外伝~」が開かれます。松也が意気込みと、新たな挑戦について語りました。 

 ――“外伝”は2012年以来、2度目です。

 はい。そのときにゲストで出ていただいた能楽師和泉流狂言方、三宅右矩さん、三宅近成さんご兄弟に今回も出演していただき、場所も能楽堂でさせていただくことにしました。

 

 三宅ご兄弟とは十代の頃からの友人で、いつか共演をという夢が4年前にかなえられたのですが、前回の外伝では、彼らの父上である三宅右近さんにご指導いただき、私が狂言を演じるという形でした。とても素晴らしい経験をさせていただきましたが、次の機会には、狂言をもとにした新たな歌舞伎作品をつくりたいと話していたのです。今回、それを実現できることになりました。

 

 ――取り上げるのは『武悪』です。

 出演を依頼したとき、右矩さんからすぐに提案があったのがこの狂言でした。狂言というと明るい、笑いに満ちた作品が多いですが、『武悪』の笑いは少々ブラックで、そこがとても面白い。右矩さんの構想を聞いて、これに賭けようと即決しました。歌舞伎でもすでに猿翁さんが取り上げていらっしゃいますが、今回は右矩さんが脚色を担当してくれ、尾上菊之丞先生が振付けてくださる歌舞伎舞踊も加わり、まったく新しい『武悪』をつくり出そうと、準備を進めている最中です。

 

 ――ずばり、みどころは?

 狂言と歌舞伎の完全なるコラボレーションを目指すところでしょうか。和泉流狂言方である三宅ご兄弟は素顔のまま狂言の演技法で。私たち歌舞伎俳優は化粧もし、鬘(かつら)も被り、歌舞伎の演技法でやります。元の狂言『武悪』は従者が太郎冠者だけですが、今回は次郎冠者も出します。太郎冠者を近成さん、次郎冠者を國矢さんが演じるので、それぞれのスタイルのまま、和泉流狂言方と歌舞伎俳優が従者コンビを演じるというのも、みどころの一つだと思います。

 

 ――ほかには松也さんが素踊りで『汐汲』を、蔦之助さんと音一朗さんが『橋弁慶』を踊られます。

 私はここ数年ほぼ立役のみになりましたが、二十代半ばまでは女方の修業を主にさせていただきました。女方を見たいと言ってくださる方がいらっしゃることと、私自身もせっかく修業させていただいたものをやらないままでいるのは寂しく感じていたのです。尾上菊之丞先生にご相談したところ、先生もちょうど女方の踊りをやってはどうかと考えてくださっていたようで、『汐汲』を踊らせていただくことにしました。本興行で女方舞踊を一人で踊ったことはなかったと思いますので、かなり緊張しています。

 

 『橋弁慶』は、せっかく能楽堂で上演させていただくので、橋掛かりを効果的に使えるものをということで皆で選びました。蔦之助さんと音一朗さんに歌舞伎らしく、派手に盛り上げてもらいたいなと思っています。

 

 ――お客様も増え、プログラムもますます充実。この先、「挑む」公演で目指すのは。

 最初の頃に比べれば順調でしょうと言ってくださる方もありますが、変わらず毎回、七転八倒しています。それは、目標をかなえるたび、次の目標が大きくなるからだと思うのです。今回、『武悪』をやろうというのも、昨年、手がけた新作『二人袴(ふたりばかま)』で好評をいただけたから。きっと、今年の公演を終えたところで、次の挑戦が見えてくるのだと思います。

 

 「挑む」のメンバーそれぞれが、だんだん忙しくなり、今年は休もうかと頭をかすめたこともありましたが、物理的なことを理由に止めたり、休んだりはしないと決めました。次のステップを目標にして、挑戦したいという思いが湧いてくるかぎり、「挑む」を続けていくつもりです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尾上松也歌舞伎自主公演

「挑む Vol.8 ~外伝~」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一、 素踊り 汐汲(しおくみ)

出演:尾上松也

 

二、橋弁慶(はしべんけい)

牛若丸:市川蔦之助

武蔵坊弁慶:尾上音一朗

 

   狂言「武悪」より

三、新説 武悪(しんせつ ぶあく)

武悪:尾上松也

主人:三宅右矩

太郎冠者:三宅近成

次郎冠者:澤村國矢

 

 

日時

2016年7月13日(水)~15日(金)

13日(水)夜の部 18:00開演

14日(木)昼の部 12:00/夜の部 17:00開演

15日(金)昼の部 12:00/夜の部 17:00開演

※開場は開演の30分前

 

 

場所

渋谷セルリアンタワー能楽堂

東京都渋谷区桜丘町26-1 03-3477-6412(9:30~18:00)

 

 

チケット

正面・脇正面:10,000円/中正面:8,000円(ともに税込)

 

2016年6月10日(金)発売

 

キョードー横浜 045-671-9911

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:451-239)

ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:36206)

イープラス

 

 

お問い合わせ

キョードー横浜 045-671-9911

「挑む」公式サイトはこちら

2016年06月10日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る