歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

尾上右近がオーケストラとコラボレーション

 8月24日(水)、東京 サントリーホールで行われる「日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーン Vol.5『歌舞伎×オーケストラ』」に尾上右近が出演します。

 昨秋、オーケストラの演奏とともに、ストラヴィンスキーの『春の祭典』を舞で表現した右近が、再び、サントリーホールの舞台で舞います。右近が登場するのは、山田和樹指揮のラヴェル『ラ・ヴァルス』、レスピーギの交響詩『ローマの松』で、尾上菊之丞が振付。

 

 ローマの繁栄を見守ってきた4つの「松」をモチーフにした『ローマの松』は、オーケストラの多様な音に乗せて自然と歴史を表情豊かに描き出す、物語性のあるコンサートの人気曲。4つのパートごとに眼前に広がる景色も変わり、舞の変化も大きなみどころとなるでしょう。

 

 『ラ・ヴァルス』は、その名のとおりワルツのリズムをベースに、ラヴェルがのちにつくった『ボレロ』のような、盛り上がりが華やかな一曲。西洋の舞踊曲を右近がどう踊るのか、楽しみなひとときになりそうです。ぜひ、会場へ足をお運びください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本フィル&サントリーホール
とっておき アフタヌーン Vol.5『歌舞伎×オーケストラ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

曲目:





レハール:ワルツ『金と銀』
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ラ・ヴァルス(※尾上右近出演)
ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』 op. 9
マスカーニ:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』から間奏曲
レスピーギ:交響詩『ローマの松』(※尾上右近出演)

 

指揮:山田和樹(日本フィル正指揮者)

出演:

尾上右近(『ラ・ヴァルス』『ローマの松』
日本フィルハーモニー交響楽団

 

日時

2016年8月24日(水)13:00開演(12:20開場)

 

場所

サントリーホール 大ホール 03-3505-1001

東京都港区赤坂1-13-1

 

チケット

S席:7,000円 A席:5,000円 B席:3,000円(すべて税込)

※グループ割引(4名以上で10%OFF)あり。対象はS席、A席のみ。サントリーホールチケットセンター(0570-55-0017)、または窓口のみの取扱い。

 

サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00、休館日を除く)

サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB

日本フィル・サービスセンター 03-5378-5911(平日10:00~17:00) FAX:03-5378-6161

日本フィルeチケット♪
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:295-399)

チケットWeb松竹 チケットWeb松竹スマートフォンサイト

 

お問い合わせ

サントリーホール 0570-55-0017

日本フィル・サービスセンター 03-5378-5911

2016年06月21日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る