歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

 

 

 8月9日(火)に幕を開ける歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部で上演の新作歌舞伎『廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)』について、今回の作品の元となった新作落語「山名屋浦里」を口演した笑福亭鶴瓶、出演の中村勘九郎、中村七之助が、上演の脚本を手がける小佐田定雄、演出の今井豊茂とともに、製作発表会見に臨みました。

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

新作落語から新作歌舞伎へ

 「山名屋浦里」は、昨年1月に鶴瓶が口演した新作落語で、この度、新作歌舞伎『廓噺山名屋浦里』として上演されます。鶴瓶は、「2012(平成24)年にテレビ収録中のメイク室で、タモリさんが実際にあった話として話してくれ、落語にしてよと言われて。くまざわあかねさんに台本にしてもらい、落語にしました。(初めて高座にかけた)ネタおろしを聞いた勘九郎が、歌舞伎にする、と」と話し、「タモリさんのおかげ」と感謝しつつ、歌舞伎になることを喜びました。

 

 勘九郎は、「聴いて2分後には、歌舞伎の情景が浮かびました」と、最初に聴いたときの感動を思い起こし、「心温まる友情の話で、この感動をお客様に伝えるのが私たちの使命」と話しました。脚本の執筆にあたって小佐田は、「落語は言葉ですべて伝えようとするので、そのままではせりふがくどくなってしまいます。歌舞伎でどう間引いていくかですね」と語りました。

 

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

真面目な武士と吉原一の花魁

 勘九郎は、噺を聴いてすぐにひきつけられたという酒井宗十郎役です。「とても真面目で、すべてに真っ直ぐな人。ゆえに頭は固いのですが、魅力的な真っ直ぐさがあります」と分析し、自分は根が真面目なのでとてもやりやすいと言って、出席者から突っ込まれるひと幕も。「廓の話ですけど、遊びも知らない武士。迷っているときに出会うのが、花魁の浦里です」。

 

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

 その浦里を演じる七之助は、「歌舞伎の花魁の素晴らしい特徴を凝縮したお役です。プライドもありますが、人間としての寂しさ、哀しさもあり…、それでもやっていかなくてはいけない。最後にぐっと人間味が出るところがあり、ここで、歌舞伎にはなかなかない、新しい花魁像が見えるのではないでしょうか。あの素晴しい役を表現しなくてはならない、そこはプレッシャーですが」と、すっかり浦里に魅入られた様子で話しました。

 

父、十八世勘三郎が結んだ不思議な縁

 落語から歌舞伎になった作品はいくつかありますが、「先行作品と同じように、繰り返し上演される名作の一つになるよう、素晴しい作品にする一助になりたい」と、演出の今井が語ると、勘九郎は、「父がよく言っていました。生きている人のものをやらないといけない、それをするのが歌舞伎役者だ、と。こうして巡り会えたのは、私たちにとっての幸せ」と、十八世勘三郎の言葉を引き合いに出しました。

 

勘九郎、七之助が語る、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第三部『廓噺山名屋浦里』

 『廓噺山名屋浦里』中村勘九郎、中村七之助
  撮影:加藤 孝

 「今の時代、生きている噺家のものを歌舞伎にしてくれるのが、非常にうれしい」と鶴瓶も続け、今回、歌舞伎として上演されるのは、「のりちゃん(勘三郎)のおかげのような気がします」と、思い出話を披露。七之助は、「父に、落語を聴きなさいと言われてきたので」と、浅草へ落語をよく聴きに行くことを明かし、「大好きな鶴瓶さんとお仕事ができる。父のプレゼントだと思って、いい芝居をしないと」と、気を引き締めました。

 

歌舞伎も落語も楽しんでほしい 

 歌舞伎で上演するにあたり、大切にしたいのは「テンポ」と、口をそろえた勘九郎と七之助。「場数が多いけれど、幕や暗転をできるだけ使わずにテンポよく進めたい」(勘九郎)、「道具が変わっていなくても、お客様を飽きさせないテンポが大事」(七之助)。作品の素晴らしさをもらさず歌舞伎として伝えたい、という思いがあふれる言葉になりました。

 

 「歌舞伎の台本を見ると、すごくいい。歌舞伎を観て“よかった”と思った人が落語を聴いて“なんだ”と思われるのは嫌ですから、落語のほうもどんどん進化しています」と、鶴瓶。「歌舞伎と落語、両方に足を運んでほしい」と呼びかけ、笑顔の絶えない賑やかな会見が終了しました。

 歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」は8月9日(火)から28日(日)までの公演。チケットは7月12日(火)より、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて発売予定です。

 

『廓噺山名屋浦里』中村勘九郎、中村七之助

 

2016年07月08日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る