歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」初日に向けて

歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」初日に向けて

 

 

 8月9日(火)の初日を前に、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」出演者が公演への意気込みを語りました。

 歌舞伎座が新しくなって4回目の納涼歌舞伎、「今年も納涼の季節がやってまいりました。今年は、いつも以上に盛りだくさんの納涼歌舞伎になっております。初めて歌舞伎をご覧になる方にも本当に楽しんでいただけるように、皆で一丸となってやってまいります」と、扇雀が公演に向けて意欲のほどを見せました。

 

 第三部の『土蜘』は、秋に八代目芝翫を襲名する橋之助にとって、最後の歌舞伎の舞台となります。「納涼歌舞伎がこれだけ続いたことを、勘三郎、三津五郎の兄たちも喜んでいると思います。その納涼歌舞伎で橋之助を終えるのもご縁だなと思っております」と、特別な思いとともに、納涼歌舞伎を始めた当初を振り返りながら、今の心境を述べました。

 

 この日も30度を優に超える暑さとなりましたが、「劇場は冷房が効いております。舞台はいっそう熱くしていきたいと思いますので、ぜひ劇場へお越しください」と、観劇での暑気払いをアピールしたのは彌十郎。

 

 染五郎は新しい脚本での『東海道中膝栗毛』に、「どうなるかわからないと、自分が一番思っています。いつもと違う歌舞伎座にぜひお越しください」と呼びかけ、猿之助も、「スピーディーに、二人で息を合わせてやっていきたい。人生初の8月の歌舞伎座。充実した日々を過ごそうと思っております」とにっこり。獅童は、「古典あり、新作ありで、多くの方に喜んでいただける舞台だと思いますので、どうぞご期待ください」と語り、勘九郎が新作2本の納涼歌舞伎となった今年、「今まで歌舞伎を愛してくださったお客様はもちろん、初めて観る方にも見やすい演目です」と、公演の魅力を語ると、七之助も「演目立ても豪華で、どれをとっても公演期間が短いのがもったいないくらい」と続けました。

 それぞれが外の暑さに負けない舞台への熱い思いを語って会見が終わり、八人は舞台稽古へと向かいました。歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」は8月9日(火)から28日(日)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

2016年08月08日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る