歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

八代目芝翫襲名披露「お練り」、親子四人でご挨拶

八代目芝翫襲名披露「お練り」、親子四人でご挨拶

 8月29日(月)、歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」「吉例顔見世大歌舞伎」で八代目中村芝翫を襲名する中村橋之助と、四代目中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助を襲名する中村国生、中村宗生、中村宜生が、東京 浅草寺にて「お練り」と「襲名奉告法要」を行いました。

 朝方の雨も上がって日も差す中、浅草の雷門前に橋之助、国生、宗生、宜生の四人がそろい、襲名披露のお練りが始まりました。賑やかなお囃子と木遣り唄に先導され、両脇に高張提灯を掲げて四人が仲見世通りを浅草寺の本堂へ向かいます。沿道は夏休み最後とあって大勢の人で賑わい、四人には大きな声援が送られていました。

 

 本堂に到着した一行が階段に整列して記念撮影した後、橋之助がお集まりの皆様に感謝とともに、「今年の10月、11月、歌舞伎座におきまして2カ月にわたり、襲名させていただくことになりました。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。10月10日には父(七世芝翫)が亡くなりまして5年の月日を数えます。そのなか、親子そろって大事な名跡を襲名させていただきますこと、本当にうれしゅうございます」と挨拶しました。

 

 「この襲名を機に、磐石な東の成駒屋を築きたいと思っております。神谷町の成駒屋をこれからもご贔屓くださいますよう、お願い申し上げます」と、深々と頭を下げて感謝を表した橋之助に続き、国生が「兄弟三人、家族一丸となり、襲名に向けて頑張っていきたいと思います」、宗生が「未熟ではございますが、諸先輩方に教えていただき、助けていただきながら頑張りたいです」、宜生は「まだまだわからないことだらけでございますが、よろしくお願いいたします」と、決意も新たに挨拶しました。

 

八代目芝翫襲名披露「お練り」、親子四人でご挨拶

 

 

 お練りの途中ではにわか雨が降り出しましたが、「父は大変な雨男でございました。私は父の芸と人となりを継ぐことはうれしゅうございますが、この“雨男”だけは継ぐのをご遠慮申し上げたいと思っておりました。途中の雨は父が僕に語りかけてくれたようなそんな気持ちでもありました」と、突然の雨も力に変え、父の名前を継ぐことへの思いを表した橋之助。挨拶が終わる頃には、浅草寺の濡れた屋根に青空が映って爽やかな風が吹き渡りました。

 

八代目芝翫襲名披露「お練り」、親子四人でご挨拶

 襲名奉告法要の様子

 本堂での襲名奉告法要で公演の成功を祈願した四人は、ほっとしたような晴れやかな笑顔で、あらためて襲名披露公演に向けての意気込みを語りました。

 「昨日、今日と、忘れられない2日間になりました」と橋之助が明かしたのは、36年間名のってきた橋之助としては最後となる、昨日の歌舞伎座の千穐楽でのこと。『土蜘』を終えて舞台から引込んだところで、大道具のスタッフが全員そろってハイタッチをしてくれ、共演者が横断幕と紙吹雪を用意してくれて、「今でも涙が出る。もうたまらなかったです」と、昨日の感激を再びかみしめるかのように話しました。

 

 「36年間、あっという間と言えばあっという間。でも、いろんなことがありましたから…。血の涙を腹の中に流す、と、今度の10月に出る『幡随長兵衛』のせりふに出てくるんですが、勘三郎、三津五郎の兄貴たちと血の涙を流し、それを肉として芝翫襲名にたどり着いた気がしています。二人の代わりはできなくても、芝居に対する気持ちは、うちの家族は負けない。その熱い心で精いっぱい勤めていきたい」と言う橋之助は、その橋之助の名前を息子が継いでくれることがうれしいと語りました。

 

 四代目として橋之助を襲名する国生は、「お練りで橋之助さん、と皆さんが呼んでくださってうれしかった。昨日(歌舞伎座千穐楽)は父を見て、こんな大きな橋之助を継がせていただくのだから、もっと気を引き締めなければ、頑張るぞと思いました」と表情を引き締め、「三代目より四代目のほうがいい役者になります、と昨日、手紙を渡しました」と、襲名への気持ちの強さを感じさせるエピソードも披露しました。

 

 「三代目!と声をかけられると不思議な気分です」とちょっと照れた表情を見せたのは宗生。しかし、襲名披露公演では福之助として5役を勤めるため、「たくさんのお役をさせていただくことがないので、緊張していますが、頑張ります」と、内に秘めた熱い思いを見せました。宜生も四代目歌之助として、「普段はさせていただけないようなお役をやらせていただけるので、精いっぱい頑張りたいと思います」と目を輝かせました。

 

 「今日のお練りのように、大勢のお客様が歌舞伎座に足を運んでいただけますように」と、橋之助は父、七世芝翫の「謙虚で感謝で、信念をもって物事にあたる」との言葉を肝に銘じ、国生、宗生、宜生の息子三人とともに、いよいよひと月後に迫った襲名披露に向けて大きく拍車をかけました。

 

八代目芝翫襲名披露「お練り」、親子四人でご挨拶

 襲名披露公演となる歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」は、10月2日(日)に初日を迎えます。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて、9月12日(月)より発売予定です。

2016年08月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る