歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕

 

 

 12月2日(金)、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」が初日の幕を開けました。

 12月の歌舞伎座は幅広いお客様にお楽しみいただけるよう、各部に特色のある演目を配した三部制興行です。

 

 第一部は新作歌舞伎『あらしのよるに』。物語は、獅童演じる狼だけど気のいいがぶと、松也演じる愛らしくも芯の強い山羊のめいとの秘密の友情を描いた作品です。がぶやめいが客席の通路を歩く演出や、狼と山羊の激しい立廻りなど、迫力満点の舞台に客席のお子様たちも大喜びでした。

 

 第二部は、玉三郎と石川耕士の演出による『吹雪峠』で幕を開けます。自分の弟分に妻を取られた直吉を中車が、弟分の助蔵を松也、直吉の元女房は七之助が勤めます。今回、映像技術を駆使した演出方法により、閉ざされた空間で繰り広げられる三人の心理描写がより濃く表現されています。

 

 『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」は、勘九郎、七之助が松王丸と千代に初役で挑み、源蔵を松也、戸浪を梅枝が勤めます。今回は寺入りから上演され、忠義に挟まれて子を失う松王丸夫婦の悲しみがより深く感じられます。

 

 第三部は『二人椀久』で幕を開けます。玉三郎が松山太夫を、勘九郎が初役で椀屋久兵衛を勤めます。大坂の豪商椀屋久兵衛と松山太夫の逢瀬を描き、儚く幻想的な二人の舞踊をお楽しみいただきます。

 

 『京鹿子娘五人道成寺』は、玉三郎、勘九郎、七之助、梅枝、児太郎の五人が白拍子花子に扮します。スッポンを使った花子の入れ替わりや、花子たちの息の合った振りに場内からは大きな拍手が起こりました。

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕

 『あらしのよるに』の特設コーナーの隣には、めいのぬいぐるみもちょこんと座っています!

 地下2階の木挽町広場にはクリスマスツリーが飾られ、師走の雰囲気をお楽しみいただけます。『あらしのよるに』の上演にちなんだ特設コーナーも設けられているので、ご観劇の際はぜひお立ち寄りください。 

 歌舞伎座「十二月大歌舞伎」は12月26日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。

2016年12月03日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る