歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

鴈治郎、孝太郎の「宝恵駕行列」が大阪松竹座へ

鴈治郎、孝太郎の「宝恵駕行列」が大阪松竹座へ
鴈治郎、孝太郎の「宝恵駕行列」が大阪松竹座へ
 

 

 1月10日(火)、大阪 今宮戎神社の十日戎を彩る「宝恵駕行列(ほえかごぎょうれつ)」に、大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」出演の中村鴈治郎、片岡孝太郎が参加しました。

 大阪の年初の祭礼として、今年も9日(月・祝)の宵戎から始まった十日戎、愛称は“えべっさん”。毎年、本戎の10日の朝に行われるのが「宝恵駕行列」です。今宮戎神社といえば商売繁盛を願う福笹、その福笹を授ける福娘も一緒に、駕籠が連なる長い列が大阪ミナミを練り歩きます。

 

 鴈治郎は2年ぶり、孝太郎は初参加で、宗右衛門町から日本橋を渡り、福を授かろうと集まった人々の間を縫うようにして、大阪松竹座まで駕籠に揺られてやって来ました。「ホーエカゴ、ホーエカゴ」のかけ声とともに、紅白布や名入り提灯、繭玉飾りなどが施された駕籠に乗った二人に、「成駒家!」「松嶋屋!」の声も飛んで、活気あふれる伝統行事ならではの華やかさです。

 

鴈治郎、孝太郎の「宝恵駕行列」が大阪松竹座へ

 

 大阪松竹座の前には二人の登場を待つ大勢の方々でごったがえしていましたが、まずは鴈治郎がマイクを前に、「朝早くからありがとうございます。2年ぶりに乗せていただきまして、大変気分がよろしゅうございます」と、満面の笑みで挨拶。「福をいただいた気分がしております。このあと大阪松竹座の舞台から、皆様に福をお渡ししたいので、福を受けにいらっしゃってください」と、ご来場を呼びかけました。

 

 そして孝太郎も、「素敵な宝恵駕行列に初参加、最高に気持ちいいです。この気持ちよさを皆様にお渡しして、少しでもいい舞台が勤められるように頑張ります」と、にこやかな笑顔で続けました。最後は大阪締めで、劇場前にお集まりの皆さんと一緒にこれからの繁栄を祈念しました。

 

 さらに、挨拶を終えた二人が向かったのは戎橋のたもとにしつらえられた戎舞台。上方芸を奉納披露する賑やかな舞台で、二人は再びミナミの皆さんに挨拶。鴈治郎が「晴れ晴れしい、福々しい気持ちでいっぱい。少しでも皆様に福をお分けしたい」、孝太郎が「素敵な一日を迎えることができました。皆さんと一緒に、幸せな一年になりますように頑張ります」と述べた後は、行列が今宮戎神社へと続く中、二人は「壽初春大歌舞伎」の舞台へと向かいました。

 

鴈治郎、孝太郎の「宝恵駕行列」が大阪松竹座へ

 大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」は1月26日(木)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹にて販売中です。 

2017年01月10日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る