歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

亀蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

亀蔵「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

 亀蔵出演「歌舞伎夜話 特別篇」の様子(2016年6月)

 4月10日(月)、歌舞伎座ギャラリーで開催される「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、片岡亀蔵が出演します。

 今年1月、国立劇場『しらぬい譚』にピコ太郎が出演しているというニュースが話題を集めました。その話題の人物である「謎の参詣人」を勤めたのが、今回歌舞伎夜話に出演する亀蔵です。

 

 『しらぬい譚』では、そのような奇想天外な役どころで活躍しつつ、極悪非道の大友刑部も勤めました。私利私欲にまみれた刑部を内から演じ、その性根を滲み出させ、演技の持つ重みは見る人をひきつけました。敵役ながら愛嬌がある役どころは亀蔵ならではの味があり、『寺子屋』の春藤玄蓄なども、亀蔵が勤めると憎々しいながらもどこか憎めない、人間味のある役になります。

 

 前回出演の「歌舞伎夜話特別篇」(2016年6月)では、シネマ歌舞伎の上映にちなみ『阿弖流為(あてるい)』に焦点を当てました。茶目っ気あふれるトークから、舞台、勤める役に対する熱い思いまで聞くことができました。今回はさらに幅を広げたトークを披露します。

 

 4月「赤坂大歌舞伎」出演中の登場となる、今回の「歌舞伎夜話」。『夢幻恋双紙』は「主要キャスト全員が主役」といわれています。公演期間中だからこそ聞ける、熱いトークが期待できそうです。また、6月にはシネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』の公開も控えます。どちらも、歌舞伎を初めて見る方にもお楽しみいただける作品です。亀蔵の、歌舞伎のすそ野を広げていきたいという思いや、役づくりについて聞くことができる一夜となるでしょう。ぜひお聞き逃しがないよう、お早めにお申込みください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話

―片岡亀蔵―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時

2017年4月10日(月)19:00開演(18:30開場)

※約1時間30分を予定

 

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

(GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)

 

 

入場料

全席指定:3,000円(税込)

 

2017年4月3日(月)10:00発売

 

チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイト
※チケットホン松竹での販売はありません。チケットWeb松竹のみの販売。

※転売目的でのご購入は、固くお断りします。また、転売チケットでの入場をお断りする場合がございます。

※転売チケットの調査のため、ご本人様確認、ご購入方法等の確認をする場合がございます。

※転売チケットに関するトラブルについて、歌舞伎座ギャラリーは一切責任を負いません。

 

 

お問い合わせ

歌舞伎座ギャラリー 03-3545-6886(10:00~17:30)

 

 

歌舞伎座ギャラリーのサイトはこちら

2017年03月17日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る