歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座「七月大歌舞伎」特別ポスター公開

歌舞伎座「七月大歌舞伎」特別ポスター公開歌舞伎座「七月大歌舞伎」特別ポスター公開

 

 

 7月3日(月)に初日を迎える、歌舞伎座「七月大歌舞伎」の特別ポスターが、6月30日(金)から東京メトロ、JRの駅構内などに掲出されます。

 7月の歌舞伎座は、夏の暑さも吹き飛ぶような、目にも鮮やかな演目が並んでいます。公開された特別ポスターでは、歌舞伎十八番の内『矢の根』で、右團次の曽我五郎が大きな矢を手ににらみをきかせます。『連獅子』は海老蔵の親獅子の精、豪快な毛振りの迫力が思い起こされる一瞬です。一方、すっきりとした鳶の姿で立つのは中車の松蔵。『加賀鳶(かがとび)』で見せる江戸の粋が、爽快感をもたらします。

 

 夜の部は、日本駄右衛門が天下をねらう『駄右衛門花御所異聞』。写楽の錦絵を想起させる海老蔵の日本駄右衛門が、大盗賊として不敵な気迫と比類のない大きさを打ち出し、見る者を引き付けます。宙乗りほか全編にスペクタクルにあふれる通し狂言で、久しく上演の途絶えていた演目だけに、いったいどんな舞台が平成の世に生まれるのか、いっそう期待が高まる特別ポスターとなりました。

 

 特別ポスターは歌舞伎座場内ほか、東京メトロ、歌舞伎座近郊のJRの駅構内などに貼り出されます。ぜひ、ご注目ください。

 歌舞伎座「七月大歌舞伎」は、7月3日(月)から27日(木)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

2017年06月29日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る