ニュース

壱太郎が「宝恵駕行列」で大阪松竹座へ

壱太郎が「宝恵駕行列」で大阪松竹座へ

 1月10日(水)、大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」出演中の中村壱太郎が、「宝恵駕行列(ほえかごぎょうれつ)」に参加しました。

 大阪、今宮戎神社の正月の恒例行事、十日戎の「宝恵駕行列」が、今年も大阪松竹座へやってきました。宝恵駕行列は江戸時代、旦那衆が芸妓衆を駕籠に乗せ、商売繁盛の神様「えべっさん」を祀る今宮戎神社へ参拝したのが始まりとされています。壱太郎は3年前、父の鴈治郎襲名披露の公演中に初参加。今回は2度目の登場となります。

 

 毎年9日の宵戎から10日の本戎、11日の残り福まで、今宮戎神社の例大祭、十日戎は大阪ミナミの街をあげての大祭です。なかでも宝恵駕行列は、芸能に関係する人たちの参加でことに華やかです。今年は、小雨もぱらつく中ではありましたが、おめでたい飾り付けの駕籠に乗込んだ壱太郎は、芸妓衆や福娘とともに、「ホーエカーゴッ、ホーエカーゴッ」の声に囃され、ミナミの街を大阪松竹座まで、賑やかに練り歩きました。

 

壱太郎が「宝恵駕行列」で大阪松竹座へ

 壱太郎は、とんぼりリバーウォークの出発式と大阪松竹座前、そして戎橋に設けられた特設舞台(戎舞台)にも登場。「皆様、明けましておめでとうございます。3年ぶりに、宝恵駕行列に参加させていただき、うれしく思います。今月は、26日まで大阪松竹座に出演いたしております。ぜひ、大阪松竹座へ、お正月の華やかさを味わいに来ていただきたいと思います。2018年、皆様にもたくさん福が来ますように、どうぞ、今宮戎神社へお参りください」と挨拶し、大阪締めでめでたく締めくくりました

 

 大阪松竹座で壱太郎は、待ちわびたお客様、歌舞伎ファンからの歓声に、にこやかな笑顔で応え、挨拶ののち、舞台への支度へと向かいました。 

 大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」は1月26日(金)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

 

壱太郎が「宝恵駕行列」で大阪松竹座へ

2018年01月10日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る