ニュース

七之助、松也「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

七之助、松也「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

 1月22日(月)、歌舞伎座ギャラリーで開催の「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、中村七之助、尾上松也が出演します。

 今月の出演者は、歌舞伎夜話へはこれが初めての登場となる七之助と、第一回、そして一周年記念と歌舞伎夜話の節目を飾ってきた松也。お正月にふさわしい華やかな顔ぶれで、楽しいトークをお届けします。

 

 観る者に鮮烈な印象を残す七之助。美しき若女方として、歌舞伎の最前線を走り続けています。今月の歌舞伎座では幸四郎の襲名演目『車引』の桜丸を勤め、幸四郎の松王丸、兄勘九郎の梅王丸とともに新時代の華やかな幕明けを感じさせます。今春は「春暁特別公演」で九州から北海道まで全国津々浦々を巡り、さらに9月には、パリの「ジャポニスム2018」において『鳴神』の雲絶間姫を勤めます。歌舞伎の魅力を日本全国、そしてフランスから世界へ伝える活躍が続きます。

 

 松也は昨年もTVドラマの主演や声優への挑戦、活躍の場を広げました。毎年開催する自主公演「挑む」では昨年、東京に加え初の大阪公演を行い、それぞれ違う演目を上演するなど、挑み続ける姿勢は変わりません。今月は、いまや浅草における正月の風物詩であり、若手俳優たちの挑戦の場である新春浅草歌舞伎の柱となって、『元禄忠臣蔵』の徳川綱豊卿や『双蝶々曲輪日記』の濡髪長五郎を初役として勤めています。また、3月の歌舞伎座では玉三郎演出の『滝の白糸』の村越欣弥として、充実した舞台が期待されます。

 

 同じ学校で青春時代を過ごした二人は、これまでも舞台でしのぎを削り合ってきた仲。記憶に新しい昨年10月の歌舞伎座『マハーラーバタ戦記』では、互いに政権を巡って対立する役柄を担い、大きな物語を紡ぎ上げました。来る2月には博多座の花形歌舞伎にそろって出演します。その二人がよき兄貴分と慕う新幸四郎の襲名について思うことや、自分たちの未来に描く姿など、ともに未来の歌舞伎界を牽引する同世代の仲間としての率直な気持ちに迫ります。ぜひお聞き逃しのないよう、お早めにお申込みください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話

―中村七之助 尾上松也―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時

2018年1月22日(月)19:00開演(18:45開場)

※1時間~1時間30分を予定

 

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

(GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)

 

 

入場料

全席指定:4,500円(税込)

 

2018年1月15日(月)10:00発売

 

チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイト
※チケットホン松竹での販売はありません。チケットWeb松竹のみの販売。

 

 

お問い合わせ

歌舞伎座ギャラリー 03-3545-6886(10:00~17:30)

 

 

歌舞伎座ギャラリーのサイトはこちら

2018年01月12日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る