ニュース

歌舞伎座「二月歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開

歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開

 

 1月29日(月)~2月11日(日・祝)、東京メトロの主要駅(銀座、日本橋、表参道、渋谷、新宿、六本木ほか)に、歌舞伎座「二月大歌舞伎」の襲名披露狂言の特別ポスターが掲出されます。

 歌舞伎座百三十年の劈頭を華々しく飾った高麗屋三代襲名披露、2月も引き続き、二代目白鸚、十代目幸四郎、八代目染五郎が「二月大歌舞伎」で歌舞伎座を沸かせます。

 

 昼の部では十代目幸四郎が、義太夫狂言の大役、一條大蔵長成を勤めます。染五郎として5年前に初役で挑んだ大蔵卿を、幸四郎となって演じる舞台に期待が高まります。夜の部では、『熊谷陣屋』の熊谷次郎直実。こちらは祖父、父、と代々の幸四郎が幾度も勤めてそれぞれが当り役としている大役に、十代目として初めて名を刻みます。

 

 そして、37年前の舞台がよみがえる『仮名手本忠臣蔵 七段目』。二代目白鸚の由良之助に、八代目染五郎の力弥の配役です。昭和56(1981)年10月歌舞伎座の初代白鸚、七代目染五郎(現幸四郎)襲名披露の際には、初代白鸚の由良之助、七代目染五郎の力弥でした。祖父と孫、代を重ねての一場が、花道の木戸を挟んでのやりとりまで目に浮かぶ、由良之助と力弥の特別ポスターになっています。

 

 正月と同じく、三人の襲名披露狂言がまぶしく輝く特別ポスター3点。歌舞伎座場内では現在掲示中、29日(月)より東京メトロの駅構内などにも掲出されます。「二月大歌舞伎」もどうぞご期待ください。

 歌舞伎座「二月大歌舞伎」は、2月1日(木)から25日(日)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

2018年01月22日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る