ニュース

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

 「平成中村座スペイン公演」『藤娘』 中村七之助

 6月27日(水)、スペイン カナル劇場で「平成中村座スペイン公演」が開幕、中村勘九郎、中村七之助、中村鶴松と片岡亀蔵が、『藤娘』『連獅子』を上演しました。

 平成中村座が再びヨーロッパに帰ってきたスペイン公演。マドリードで初めての平成中村座、初日の客席は幕が上がる前から熱気を帯びていました。時間となって客電も落ち、真っ暗な劇場に長唄が聞こえてパッと明かりがつくと、舞台の中央には七之助の艶やかな藤の精。と同時に大きな歓声が上がり、『藤娘』のチョンパの演出で、一気にスペインのお客様が舞台の虜になりました。

 

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

 「平成中村座スペイン公演」『藤娘』 中村七之助

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

 「平成中村座スペイン公演」『連獅子』 左より、中村勘九郎、中村鶴松

 幕間のロビーはお客様の興奮冷めやらぬ話声で活気にあふれ、熱心に語り合う様子も見られました。続く幕は『連獅子』。勘九郎が平成中村座で初めての親獅子を見せます。仔獅子は鶴松、初役です。

 

 先ほどとは打って変わって、厳かな空気が舞台を引き締め、狂言師の一挙手一投足に客席の視線が集中します。所作板を踏み鳴らす音が場内に響き渡り、その迫力にスペインのお客様も圧倒されていました。狂言師が引っ込み、宗論では亀蔵と小三郎の軽妙な掛け合いに笑いが起こります。雰囲気を一瞬にして変える歌舞伎の演出は、言葉の壁を簡単に乗り越えてしまったようです。

 

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

 「平成中村座スペイン公演」『連獅子』 左より、中村鶴松、中村勘九郎

 そして、後ジテの獅子の精が登場すると、歌舞伎で最もポピュラーといってもいいその姿に、拍手が起こり、豪快な毛振りに驚きからやがて感動へと、歓声がいつまでも続きました。幕が閉まっても鳴りやまない喝采とカーテンコールが続き、感動の拍手に包まれながらようやく初日の幕を降ろした、日本スペイン外交関係樹立150周年「平成中村座スペイン公演」。公演は7月1日(日)まで続きます。

 

「平成中村座スペイン公演」熱狂の開幕け

 満席の会場からの喝采に、カーテンコールが続いた初日の夜。カナル劇場は約850席、公演は全6公演です

2018年06月28日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る