公演情報詳細

公演情報一括印刷

坂東玉三郎 御園座新春特別舞踊公演

坂東玉三郎 御園座新春特別舞踊公演

チケット好評販売中

2020年1月2日(木)~4日(土)

1月2日(木) 午後3時~
1月3日(金)・4日(土) 午後2時~

劇場:御園座

料金(税込)

  • S席20,000円
  • A席15,000円
  • B席10,000円

※未就学児のお子様はご入場いただけません

演目と配役

一、お年賀 口上(こうじょう)


二、雪(ゆき)


三曲糸の調べ

三、阿古屋琴責(あこやことぜめ)


四、鐘ヶ岬(かねがみさき)


みどころ

一、お年賀 口上(こうじょう)

 新年を寿ぎ、玉三郎が皆さまにご挨拶申しあげます。

二、雪(ゆき)

 江戸中期の天明期に作られたとされる地唄の名曲で、大坂は南地のソセキという実在の芸妓をモデルにしたあわれで美しい女心をうたっています。
 今は仏門に入った芸妓が雪の夜に一人寂しく恋人を待ち侘びた過日の思い出を回想します。
 玉三郎がこよなく愛する地唄の名曲をご堪能いただきます。

三、三曲糸の調べ 阿古屋琴責(あこやことぜめ)

 景清の子を身ごもっている「阿古屋」は身の潔白を晴らすため重忠の求めに応じて琴、三味線、胡弓の三絃を弾きます。すなわち心に偽りがあればその音は曇るからです。
 琴、三味線、胡弓を実際に一人で演奏する至難の役。それぞれの演奏をご覧いただきます。

四、鐘ヶ岬(かねがみさき)

 『鐘ヶ岬』は初世中村富十郎が上方で上演したときの曲が伝わったとされる地唄です。
 釣鐘ごと安珍を焼き殺した清姫「安珍清姫伝説」の後日談の形を取り、桜の下で舞う女の詩情あふれる曲です。道成寺の世界を背景としながら、地唄舞ではそこに現れる女の執念や艶やかさなどさまざまな面を表現します。

続きを読む

チケット購入方法

11月29日(金)10:00よりWeb・電話受付開始!
  • パソコン・スマートフォンからチケットWeb松竹(24時間受付)

    チケットWeb松竹

    • パソコン、スマートフォンより24時間受付。販売初日は10:00~
    • チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 
      03-3545-2200(10:00~18:00)
    • 携帯版サイトは松竹歌舞伎会会員の方のみのご利用となります。
  • ※チケットWEBは御園座と別枠でのお取扱いとなります。
    本公演はチケットホン松竹でのお取扱いはありません。
  • その他チケットサイト

    [御園座]
    ●御園座チケットセンター
     052-308-8899
    (オペレーター対応10:00~18:00)
     0570-02-9514 (音声自動24時間対応、座席選択不可 Pコード:498-711)

    ●御園座オンラインチケット
    http://misonoza-ticket.jp/ticket/

    ●御園座切符売場 御園座タワー1階(10:00~18:00)

    チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:498-711)

    ▼その他のお取扱い
    中日新聞販売店

    お問い合わせ
    御園座営業部 052-222-8222(10:00〜18:00)

    ※未就学児のお子様はご入場いただけません

公演日、公演時間など予定変更の可能性があります。最新情報は各公演情報をご確認ください。

その他 公演詳細
公演チラシアーカイブ