歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

六月博多座大歌舞伎 賑々しく記念式典が行われました

六月博多座大歌舞伎 賑々しく記念式典が行われました

 5月29日(日)、「六月博多座大歌舞伎」の初日を前に、出演俳優らが出席し記念式典が行われました。

 台風の影響で、恒例の船乗り込みは中止となりましたが、雨天にもかかわらず大勢の歌舞伎ファンが式典に詰めかけ、坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎、中村梅玉ら出演者が登壇すると「山城屋!」「音羽屋!」「高麗屋!」「高砂屋!」と威勢の良い掛け声が飛び交いました。

 最初に登壇した藤十郎は「雨の降る中、ようこそお越しくださいました。昨年に続き今年も博多座にお呼びいただきまして、本当にうれしく感じます。残念なことに"船乗り込み"はございませんでしたが、この雨で清めていただきました。今年も例年以上に満員が続きますよう心より願っております。」と挨拶を行いました。

 六月博多座大歌舞伎は、昼の部(午前11時開演)に『矢の根』『加賀鳶』『身替座禅』、夜の部(午後4時開演)に『仮名手本忠臣蔵 七段目』『英執着獅子』『魚屋宗五郎』を上演します。公演は6月2日(木)から6月26日(日)まで。

六月博多座大歌舞伎 賑々しく記念式典が行われました

2011年06月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る