歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

日生劇場「十二月歌舞伎公演」公演プログラムとお楽しみ

日生劇場「十二月歌舞伎公演」公演プログラムとお楽しみ

 七世松本幸四郎の曾孫にあたる、市川染五郎、尾上松緑、市川海老蔵3人を中心とした「七世松本幸四郎襲名百年 日生劇場 十二月歌舞伎公演」が現在開催されています。劇場でのお楽しみを少しご紹介しましょう。

 人気の公演プログラム(1,500円)、目をひくのは染五郎、松緑、海老蔵3人による巻頭の見開きスチール。操上和美氏の撮りおろしによる『碁盤忠信』佐藤忠信、『茨木』伯母真柴実は茨木童子、『勧進帳』武蔵坊弁慶に扮した3人の写真は迫力満点。さらに「七代目幸四郎と絢爛たる家系」では七世幸四郎十七回忌にあたり開催された昭和40年3月歌舞伎座「七世松本幸四郎追善三月大歌舞伎」の『追善口上』にあたり紋付きで口上を述べる十一世團十郎、八世幸四郎、二世松緑の写真も掲載。夜の部の『口上』で染五郎、松緑、海老蔵の3人が紋付き姿で口上を述べるのは、これにちなんだもの。「時空を超えて生きつづける伝説」「二つの英雄伝説-平家の景清 源氏の弁慶」など楽しい読み物に加え、染五郎、松緑、海老蔵の3人扮装写真も多数掲載しています。

日生劇場「十二月歌舞伎公演」公演プログラムとお楽しみ

 お楽しみ場内の売店は、人気の演目名入り特別限定チョコレートや、隈取り柄アイテムに加え、2012年版歌舞伎絵暦(カレンダー)や獅子舞の置物など、新年を迎えるアイテムも充実しています。さらに2012年版市川染五郎カレンダーや市川海老蔵オリジナル東日本大震災支援Tシャツ"Wish for peace"も販売中です。また、舞台の進行に合わせて、出演俳優のご紹介・あらすじ・衣裳・道具・音楽・時代背景・歌舞伎独特の約束事など、ご観劇の邪魔にならないようタイミング良く解説をする同時解説イヤホンガイドも貸し出し中。ぜひご利用ください。

 日生劇場での公演は12月25日(日)まで。チケットはチケットWeb松竹チケットホン松竹にて絶賛発売中。どうぞお見逃しなく!

【関連ニュース】
染五郎、松緑、海老蔵が口上披露!
間もなく開幕!「日生劇場 十二月歌舞伎公演」~扮装写真のご紹介

日生劇場「十二月歌舞伎公演」公演プログラムとお楽しみ

2011年12月13日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る