歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

猿之助、中車が博多座「船乗り込み」に登場

市川猿之助市川中車
 5月29日(水)、博多川にて「六月博多座大歌舞伎」出演者が登場して恒例の「船乗り込み」が行われ、当地で襲名披露する市川猿之助、市川中車らがご挨拶をしました。

 毎回、29日に行われる「船乗り込み」は博多の初夏の風物詩。今年は10名の出演俳優が登場し、関係者や一般応募の同船者らとともに、幟を立てた10隻の小舟に乗り込みました。集まった大勢のファンの声援や「澤瀉屋!」の掛け声に応えながら、猿之助、中車を乗せた船を先導に、清流公園を出発しました。

 途中、川端ぜんざい広場前で「口上」があり、鏡天満宮で参拝を終えた一行は、博多座に近い博多リバレインで式典に臨み、あらためて博多の皆さんにご挨拶。「今日は大勢集まっていただき、ありがとうございます。本当に"帰ってきた"という気持ちがいっぱいでございます」と、襲名披露する四代目猿之助が感慨深く述べると、九代目中車も「昨年の6月に歌舞伎の舞台に立たせていただいて、ちょうど1年たつことになります。どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします!」と、初の博多座公演での襲名披露に向けて力強く挨拶しました。

博多座「船乗り込み」 「六月博多座大歌舞伎」は、6月2日(日)より26日(水)まで。チケットは博多座ほかにて販売中です。

※澤瀉屋の「瀉」のつくりは正しくは"わかんむり"です。

2013年05月30日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る