歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

歌舞伎座で新開場後初の豆まき

kabukiza_0203a.jpg

左より、中村七之助、尾上菊之助、市川染五郎、尾上松緑、藤間大河

 

 2月3日(月)節分の日、歌舞伎座新開場後初となる「節分祭」が行われ、出演俳優が豆まきを行いました。

 「二月花形歌舞伎」、昼の部『心謎解色糸』終演後、再び幕が開き、4年ぶりに帰ってきた歌舞伎座の年中行事の一つ、節分祭の豆まきが始まりました。

 出演俳優が登場し、豆入りの大入り袋を枡いっぱいに詰めて舞台に並ぶと、お客様も大喜び、大きな拍手が沸き起こりました。

 染五郎の「新しい歌舞伎座初めての追儺式(ついなしき:鬼払いの儀式)でございます」のご挨拶を合図に、お囃子が鳴り響き、無病息災を祈って大入り袋に入った豆が一斉にまかれました。そして、お客様の歓声が続く中、節分祭は終了しました。

歌舞伎座で新開場後初の豆まき

右より、中村歌六、市川高麗蔵、尾上松也、中村萬太郎、尾上松緑、市川染五郎、尾上菊之助、中村七之助、中村松江ほか、出演者が揃って客席へ豆をまきました

 

2014年02月03日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る