歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

愛之助、壱太郎、千之助出演「花舞台浪花賑」のお知らせ

 2017年4月28日(金)、大阪 フェスティバルホールで、第55回大阪国際フェスティバル2017「花舞台浪花賑(はなぶたいなにわのにぎわい)」が開催され、片岡愛之助、中村壱太郎、片岡千之助が楳茂都『三人連獅子』を踊ります。

 1958(昭和33)年に始まった大阪国際フェスティバルは、中之島にあるフェスティバルホールで開催される音楽祭。フェスティバルホールが歌舞伎座と同じ2013年4月にリニューアルオープンしてからも、国際的に活躍する音楽家やオーケストラなどが、4月から1月にかけて公演を行っています。来春は、文化と経済の一大拠点となるフェスティバルシティのオープンを記念し、「花舞台浪花賑」が開かれます。

 

 上方に縁の深い流儀の舞踊を集めた構成で、楳茂都流四代目家元の愛之助(三代目楳茂都扇性)が父獅子を勤め、壱太郎の母獅子、千之助の子獅子で、楳茂都『連獅子』を披露します。愛之助と壱太郎は大阪松竹座でも3年前に踊っていますが、上方舞とともに披露される今回は、地元大阪ならではのいっそう味わい深いひとときとなることでしょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェスティバルシティ・オープン記念

第55回大阪国際フェスティバル2017

花舞台浪花賑(はなぶたいなにわのにぎわい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上方舞「手打唄」梅の小袖(てうちうた うめのこそで)
  京都 宮川町芸妓・舞妓

 

上方舞「三ツ面椀久」(みつめんわんきゅう)
  椀久:山村友五郎

 

舞踊「宝塚、春爛漫」
  瀬戸内美八 南風舞 ほか宝塚歌劇団OG

 

歌舞伎舞踊 楳茂都「三人連獅子」(うめもと さんにんれんじし)
  父獅子:片岡愛之助
  母獅子:中村壱太郎
  子獅子:片岡千之助

 

構成・演出:駒井宏昭
ご案内:桂米團治

 

 

日時

2017年4月28日(金)14:00開演(13:00開場)

 

場所

フェスティバルホール

大阪市北区中之島2-3-18

 

チケット

S席:9,500円 A席:7,500円 BOX席:15,000円 バルコニーBOX席:19,000円(2席セット、電話予約のみ) 学生:1,000円(すべて税込)

※学生席はフェスティバルホール チケットセンターのみの販売(限定100席、25歳以下、学生本人の名前でのご予約が必要。当日指定席と引換えの際、学生証を提示)

 

2016年12月11日(日)10:00発売

 

フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221(10:00~18:00) ※窓口は12日(月)より

フェスティバルホール オンラインチケット

イープラス

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:454-948)

ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応、10:00~20:00)/0570-084-005(Lコード:52486)

CNプレイガイド

チケットWeb松竹 チケットWeb松竹スマートフォンサイト

 

お問い合わせ

フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221(10:00~18:00)

2016年12月05日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る