歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

 スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』特別マチネ「麦わらの挑戦」 前列左より、中村隼人、坂東巳之助、尾上右近、坂東新悟

 

 

 10月8日(日)、新橋演舞場「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」で、特別マチネ「麦わらの挑戦」が上演されました。

ルフィとハンコックに尾上右近が初挑戦

 「待て、俺の仲間に何すんだ!」と登場したのは、尾上右近が初役で勤めるルフィ。麦わらの一味がずらりと並んで名のり、スーパー歌舞伎II『ワンピース』がまた新たな冒険へと旅立ちました。

 

 ルフィが仲間たちと離れ離れになり、たどり着いた男子禁制の島、アマゾン・リリーでは、「ご帰還!」の声に侍女を従えてハンコックとして登場。堂々と絶世の美女ぶりを見せつけ、ルフィとハンコックの早替りで場内を沸かせると、宴の場ではグンと腕を伸ばしてダンスも披露しました。しかし、演者は変わっても、兄と慕うエース救出へのルフィの強い信念は変わりません。

 

新悟はサディちゃん、隼人はマルコが加わって…

 第二幕が開くと、鞭をしならせて新悟のサディちゃんが現れました。容赦のない鞭での拷問を楽しんでいます。隼人のイナズマとの立廻りは息が合って見応えがあり、本水の立廻りでも最後までサディちゃんの色気を失わずにきめました。演じる相手が変わったとはいえ、巳之助演じるボン・クレーのルフィに対する気持ちに違いはなく、あふれる気持ちが客席にじわじわと伝わって、花道の引込みに大きな拍手が起こりました。

 

 そして、いよいよエースが捕らえられている海軍本部へと、ルフィが荒波を乗り越えて向かう宙乗りの場面。波乗り板にも注目です。「強くなった俺の姿、見せてやる」と、飛び出したルフィに、場内からスーパータンバリンと手拍子で熱いエールが贈られました。

 

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

 『ワンピース』 市川猿之助

猿之助のシャンクスは初演とまったく違う登場

 第二幕ではイナズマとして大滝の立廻りで、大量の水を浴びて活躍を見せた隼人が、第三幕でも大暴れ。逆宙乗りで登場し、花道で「一番隊隊長、不死鳥マルコ!」と名のりをあげました。ルフィとエースが力を合わせて戦う場面は、義兄弟の絆の強さを感じさせるに十分なほど息ぴったりで、二人の永久の別れのつらさが痛いほどつのります。

 

 それでも、海賊団と海軍本部の戦いは激しさを増し、いよいよ最後の決戦となったところで、赤髪のシャンクス登場。歌舞伎のシャンクスをと猿之助が言っていたとおり、原作漫画のキャラクターが隈取に馬簾の衣裳ですっかり歌舞伎の役になりきり、凄みを見せました。

 

 アマゾン・リリーの星が浜では、右近は慈愛に満ちたハンコックを見せたあと、最後に「新たな日々の始まりだ」とルフィとしてよみがえり、「俺たちの冒険はどこまでも続くぞ」と力強く叫んで仲間との再会に心を馳せます。仲間を思い、どこまでも仲間を信じて新たな冒険に突き進んでいく『ワンピース』のせりふは、そのまま、「麦わらの挑戦」というステージに挑んだ出演者たちの気持ちに通じ、新鮮な観劇体験となりました。

 カーテンコールでは、大海賊船団を率いたシャンクスとして登場した猿之助を中心に、ずらりと並んだ出演者たちへ、いつまでも熱烈な拍手が贈られました。主役を含めた新たな配役での上演により、『ワンピース』はまた一歩、古典作品への道を踏み出しました。

 

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

 『ワンピース』 尾上右近

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

 『ワンピース』 坂東新悟

『ワンピース』麦わらの挑戦も開幕

 『ワンピース』 中村隼人

 

 新橋演舞場「スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』」は、11月25日(土)までの公演。「麦わらの挑戦」の公演回は、公演日程詳細をご覧ください。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

2017年10月08日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る