ニュース

南座新開場に向け準備万端、「まねき書き」

南座新開場に向け準備万端、「まねき書き」

 

 

 10月11日(木)、南座「當る亥歳 吉例顔見世興行」で、劇場正面に掲げられるまねき看板を書く「まねき書き」が行われました。

 新開場の南座に初めて上がるまねき看板が、まねき書きを引き継いで5年目の井上優さんによって書き上げられました。今年は顔見世興行が11月と12月の2カ月にわたり行われますが、今回書かれたのは11月のまねきです。

 

 耐震補強工事中、昨年は顔見世興行の会場が移されたのに伴い、まねき看板も会場となったロームシアター京都に上げられました。2年ぶりに南座に上がる「役者まねき」は約40枚で、襲名する白鸚のまねきが南座に上がるのは初めてです。このほか、「當る亥歳 吉例顔見世興行」と書く「興行まねき」、「邦楽連中まねき」や、入口に置かれる「口上まねき」の合計約50枚が用意されます。

 

南座新開場に向け準備万端、「まねき書き」

 伝統にならい、大入りを願って隙間の少ない勘亭流の文字を書く井上優さん

 大入りと興行の成功を祈って揮毫したという井上さんが、「2年ぶりに南座に上がるまねきですので、華やかになればと思って書きました」と語るのを聞くと、その思いのこもった一字一字が、いっそう輝いて見えました。例年どおり京都市内の妙傳寺でのまねき書きでしたが、11月の顔見世興行に合わせ、いつもよりひと月早いため、「暑かったので、墨のにかわが早く乾いてしまうんじゃないかと心配だった」と明かした井上さん。しかし、それも杞憂となる出来栄えで、ひと安心と笑顔を見せました。

 

 画数の多い白鸚の「鸚」も、井上さんの手にかかれば、ほかと変わらぬ堂々とした仕上がりで、看板を見上げるのが今から楽しみです。まねき看板の大きさは、これまでと同じ長さ1間(約1.8メートル)、幅1尺(約30.3センチメートル)、厚さ1寸(約3センチメートル)で、書き上げられたまねきの上部につける庵形も同じ。南座の伝統行事がこうして新しい南座へと受け継がれ、今月の25日(木)には南座の正面に「まねき上げ」が行われて初日を待つばかりとなります。

 南座の新開場は、「南座発祥四百年 南座新開場記念 京の年中行事 當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が初日を迎える11月1日(木)。公演は11月25日(日)までで、チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で、10月15日(月)発売予定です。

2018年10月12日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る