公演情報詳細

公演情報一括印刷

第十二回 永楽館歌舞伎

第十二回 永楽館歌舞伎

チケット好評販売中

2019年11月4日(月・休)~11月10日(日)

昼の部 午前11時30分~
夜の部 午後4時~
※10日(日)は昼の部のみ

劇場:出石永楽館

出石永楽館公式サイト
※11月3日(日・祝)14:00~ お練り(出石お城まつり会場)予定
チラシ裏面

※観劇マナーについて

料金(税込)

  • 全席指定12,000円
出石永楽館公式サイト
※11月3日(日・祝)14:00~ お練り(出石お城まつり会場)予定
チラシ裏面

※観劇マナーについて

演目と配役

昼の部・夜の部

新作歌舞伎

水口一夫 作・演出

一、道成寺再鐘供養(どうじょうじごにちのかねくよう)

仙石権兵衛出世噺

序幕
二幕目
大詰
紀州道成寺の場
同 山中一つ家の場
鐘曳の場
仙石権兵衛秀久
清姫/白拍子花子実は清姫の霊
一つ家の娘お笹
安珍/根来修理之助
一つ家の老婆お清
愛之助
壱太郎
吉太朗
宗之助

河竹黙阿弥 作


水口一夫 脚色

二、滑稽俄安宅新関(おどけにわかあたかのしんせき)
富樫左衛門
愛之助
壱太郎
宗之助

※昼の部/夜の部 同一演目にて上演します。

みどころ

昼の部・夜の部

一、道成寺再鐘供養(どうじょうじごにちのかねくよう)
出石ゆかりの武将、仙石権兵衛と紀州道成寺の鐘との意外なエピソードを描く新作歌舞伎

 時は天正年間。豊臣秀吉の家臣、仙石権兵衛は、敵対する根来衆を征伐するため、紀州(現在の和歌山県)の山中に分け入ります。夜が更けて、一夜の宿を求めて立ち寄ったあばら家で権兵衛が見たものは…。
 平安時代、思いを寄せた僧の安珍に裏切られた清姫が、怒りのあまり大蛇に姿を変えて、道成寺の鐘ごと安珍を焼き殺したとされる「安珍・清姫伝説」は、歌舞伎舞踊『京鹿子娘道成寺』の題材にもなっている有名な伝説ですが、本作では、その伝説に登場する釣鐘を軸に物語が展開していきます。権兵衛は、600年あまりの間、紀州の山中に放置されていたこの道成寺の鐘を自軍の陣鐘として用いた後、京の妙満寺に持ち帰り供養を行ったとされています。
 ご当地ゆかり戦国武将、仙石権兵衛と紀州道成寺の鐘との意外な逸話を下敷きに、創作も織り交ぜ、歌舞伎の要素をふんだんにとり入れてご覧いただく新作にどうぞご期待ください。

二、滑稽俄安宅新関(おどけにわかあたかのしんせき)
通過するには必ず一芸を披露せよーー安宅の新関の無茶な掟に旅人たちは、さてどうする?

 「俄」とは、にわかごしらえの即興の喜劇のことをいいます。
 この作品は、安宅関の関守である富樫左衛門が、一芸に秀でた者を召し抱えるため、関所を通過する者たちに、「即興で一芸を披露しなければならない」という無茶な掟を出したことで巻き起こる、関守と旅人たちの面白おかしい駆け引きを描き出します。河竹黙阿弥作。慶応元(1865)年、江戸市村座で初演されました。
 安宅関というと、源義経主従が、関守の富樫左衛門の尋問を受け、あわや正体を見破られるかという段で、家来の武蔵坊弁慶の勇気と気転で切り抜ける『勧進帳』の舞台で有名ですが、本作に登場する富樫は、ちょっと間の抜けたユーモラスな人物として描かれています。
 何が飛び出すかは出演する俳優たちの工夫次第。何でもありの遊び心たっぷりの一幕をお楽しみ下さい。

※昼の部/夜の部 同一演目にて上演します。

続きを読む

チケット購入方法

9月16日(月・祝)9:00永楽館窓口販売開始!
9月17日(火)10:00チケットWeb松竹・チケットホン松竹受付開始!
  • パソコン・スマートフォンからチケットWeb松竹(24時間受付)

    チケットWeb松竹

    • パソコン、スマートフォンより24時間受付。販売初日は10:00~
    • チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 
      03-3545-2200(10:00~18:00)
    • 携帯版サイトは松竹歌舞伎会会員の方のみのご利用となります。
  • お電話からチケットホン松竹
    (10:00-18:00)

    ナビダイヤル
    0570-000-489
    • このナビダイヤルは、通話料が発生します。
    • 各電話会社の通話料割引サービスは適用されません。
    • 携帯電話、PHS各社料金プランの無料通話分適用外となります。
    • 東日本からの発信の場合は東京着信、西日本からの発信の場合は大阪着信します。

    または

    ※チケットWeb松竹、チケットホン松竹、松竹の窓口販売所は、出石永楽館とは別枠販売(ただし、劇場窓口販売用別枠でのお取置きはございません)
    ※チケットWeb松竹、チケットホン松竹、松竹の窓口販売所は、10月31日(木)までの販売
    ※窓口販売・お引取りは、9月19日(木)10:00~10月31日(木)18:00
    窓口販売所:歌舞伎座 新橋演舞場 大阪松竹座 南座(以上、10:00~18:00) サンシャイン劇場(14:00~18:00)
    ※出石永楽館にチケットWeb松竹の「切符引取機」はございません。事前にお引取りのうえご来場ください。
    ※チケットホン松竹では当日券はご予約いただけません。

    ご注意

    • 電話番号をよくお確かめのうえ、ゆっくりとおかけください。
    • 電話機の「リダイヤル機能」は使用しないでください。
      「リダイヤル機能」を繰り返し使用することで、違う番号につながる場合があります。必ず1回ごとに正確にダイヤルしていただくようお願いいたします。
    • 「0570」の「0」を省略したり、市外局番違いによる間違い電話のケースもあります。必ず、すべての番号をダイヤルしてください。
    • 電話番号のおかけ間違いには充分ご注意ください。
  • その他チケットサイト

    永楽館窓口直接購入 9月16日(月・祝)~ ※木曜休館
    出石永楽館(豊岡市出石町柳17-2) 9:30~16:30
    ※16日は9:00~。7:00に整理券を発券、お一人様6枚まで。

    永楽館電話予約 9月17日(火)~ ※木曜休館
    出石永楽館 0796-52-5300(9:30~16:30)

    [その他のお取扱い] 9月17日(火)~ ※木曜、および各店舗休業日はお取扱いなし
    9:30以降の各店舗の開店時間~16:30
    ◆豊岡
    (株)岡楽器店 0796-23-0030/田中音友堂 0796-23-0380
    CAMEL(株) 0796-24-6373/(株)ビート楽器 0796-24-7770
    ◆城崎
    城崎温泉旅館協同組合 0796-32-4141
    ◆日高
    日高文森堂 0796-42-1392
    ◆但東
    シルク温泉やまびこ 0796-54-0141
    ◆八鹿
    ピアノサロン・チャイム(有) 079-662-3703
    ◆関宮
    関宮公民館(養父市関宮地域局内) 079-667-2331
    ◆香住
    香住区中央公民館 0796-36-3764
    ◆福知山
    (株)三字屋楽器店 0773-22-2215/光陽堂楽器 0773-27-2176


    お問い合わせ
    出石永楽館 0796-52-5300(木曜休館)
    豊岡市出石支所 0796-52-3111

公演日、公演時間など予定変更の可能性があります。最新情報は各公演情報をご確認ください。

その他 公演詳細
公演チラシアーカイブ