歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

「六世中村歌右衛門展-歌舞伎座とのあゆみ-」のお知らせ

 3月25日(木)から、早稲田大学演劇博物館で「六世中村歌右衛門展-歌舞伎座とのあゆみ-」が開催されます。

 六世中村歌右衛門(1917~2001)は、中村福助、中村芝翫の名跡を経て、中村歌右衛門を襲名した二十世紀を代表する名女方です。歌右衛門のこれまでの襲名披露は、いずれも歌舞伎座で行われました。特に歌右衛門襲名は、戦後の改装工事の完成を待って行うほど、歌舞伎座への思いは人一倍強いものがありました。また、歌舞伎座にとっても、歌右衛門の存在は非常に大きく、再興十周年改装披露記念、歌舞伎座百年など節目の年には、きまって当り役「京鹿子娘道成寺」を上演してきました。

 歌舞伎座は、本年四月の興行を最後に新築工事のため休館となります。今回の展示では、その歴史とともに"歌右衛門にとっての歌舞伎座"を振り返ります。河村家よりご寄贈いただいた貴重な資料のなかから、小道具類、舞台写真、公演資料などを展示し、襲名披露のほかに、天覧歌舞伎、息子たちの初舞台、一門五人襲名など、歌舞伎座で行われた歌右衛門の公演をご紹介いたします。

【期間】
2010年3月25日(木)~4月25日(日)

【主催】
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

【会場】
早稲田大学演劇博物館1階
六世中村歌右衛門記念 特別展示室

【開館時間】
10:00~17:00(火曜・金曜は19:00まで)
会期中無休・入場無料

◆関連講座◆
「六世中村歌右衛門を語る」
4月22日(木)14:15~16:15
講師:竹本葵太夫(歌舞伎義太夫太夫)
聞き手:児玉竜一(早稲田大学教授)
会場:早稲田大学小野記念講堂(小野梓記念館地下2階)
入場無料・予約不要(座席数180)
*会場定員に達した場合、入場頂けない場合がございます。あらかじめご了承ください。

詳細は早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館ホームページをご覧ください。

「六世中村歌右衛門展-歌舞伎座とのあゆみ-」のお知らせ

▲ 鞨鼓と撥・鈴太鼓」
歌右衛門が、『京鹿子娘道成寺』の花子で使用していていた小道具。

2010年03月16日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る