歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

『スクリーンで観る高座・シネマ落語』ペア鑑賞券プレゼント

rakugo.jpg

 12月11日(土)~24日(金)、東劇で『スクリーンで観る高座・シネマ落語「落語研究会 昭和の名人」』が上映されます。現在、前売鑑賞券(1,800円、当日料金は2,000円)を好評発売中です。

 出演している桂文樂、古今亭志ん朝、金原亭馬生、三遊亭圓生は、いずれも昭和の名人といわれた噺家。なかでも、三遊亭圓生の十八番中の十八番の『掛取万歳』は歌舞伎ファン必見です。季節的にも年の瀬の上映にぴったりの大晦日の噺で、狂歌好きの大家や喧嘩っ早い魚屋、義太夫好きの旦那、芝居好きの番頭が八五郎の家に掛取り(掛け売りの代金を取り立てること)にやってきます。歌舞伎にからめた面白いやりとりがあり、圓生の義太夫や芝居真似は秀逸です。
【上映館】
東劇 東京都中央区築地4-1-1 

【上映期間】
12月11日(土)~24日(金)

歌舞伎美人では、抽選で5名様に『スクリーンで観る高座・シネマ落語「落語研究会 昭和の名人」』のペア鑑賞券をプレゼントいたします。ぜひ、ふるってご応募ください。

                   
【応募締切】
応募は締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【当選者】
5名

『スクリーンで観る高座・シネマ落語「落語研究会 昭和の名人」』について詳しくは こちらをご覧ください。


ご応募はこちらから

2010年12月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る