歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

松也出演『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』公開舞台稽古

『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』

『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』右より、舟木一夫、尾上松也



 9月2日(火)に初日を迎える、新橋演舞場九月公演「舟木一夫特別公演」の第一部、『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』の公開舞台稽古が行われ、尾上松也が天一坊役で登場しました。

『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』 雷鳴とどろく山中に、山伏姿で現れた天一坊(松也)。地主一党の横暴に抵抗する住人たちを救おうと、金剛杖一本で多勢相手に大立廻りを見せます。そこに現れた浪人姿の伊賀之亮(舟木一夫)を前に、天一坊は自分の父は八代将軍徳川吉宗と言い放ち、証拠の二品を取り出します。それを見た伊賀之亮はこの二品が世にも面白い芝居を見せてくれるかもしれないと語り、二人はとてつもない夢に向かって共に歩みはじめます。

 将軍の御落胤を名のる天一坊と、その後見で元は九条関白家の用人である伊賀之亮、老中の命を受けてこの騒動の真相を探る大岡越前守(林与一)、三者それぞれの思惑と駆け引き、さらに、次々と明るみになる真実…。江戸での“若様修行”、出生の秘密を知る住職との再会と、数奇で過酷な運命に翻弄される天一坊を、松也が繊細に演じて魅力ある人物につくり上げています。

 また、伊賀之亮は大きな夢を追いかけながらも、徳川吉宗(田村亮)への思いや、越前の妻、りつ(長谷川稀世)とのやりとりをとおして人とのつながり、血のつながりにことのほか心を寄せ、最後の最後まで情愛あふれる人間として描かれます。そして、八百万石に挑むという男の大きさにふさわしい豪快な幕切れを見せます。松也とは初共演となる舟木ですが、役柄そのままの大きな存在として、舞台を包み込むように共演者を引っ張っていく様子も際立ちます。

 新橋演舞場九月公演「舟木一夫特別公演」は、9月2日(火)~24日(水)の公演。チケットはチケットWeb松竹チケットホン松竹にて販売中です。

上演時間 「舟木一夫特別公演」
【昼の部】
「―天一坊秘聞― 八百万石に挑む男」11:00-12:45
   <休憩 40分>
「シアターコンサート」           13:25-14:25

【夜の部】
「―天一坊秘聞― 八百万石に挑む男」16:00-17:45
   <休憩 40分>
「シアターコンサート」           18:25-19:25

2014年08月31日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る