歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『寿曽我対面』 前列左より、中村壱太郎、中村勘九郎、中村橋之助、中村七之助、中村扇雀、中村歌之助、中村梅玉、中村福之助/後列右:市川男女蔵

 

 

 12月1日(金)、ロームシアター京都メインホール「當る戌歳 吉例顔見世興行」が初日の幕を開けました。

 開演前から京都の冬の寒さを吹き飛ばすほどの熱気があふれたロームシアター京都。まねき看板にいざなわれたお客様で、メインホールの客席がみるみるうちに埋まっていきました。

 

 「吉例顔見世興行」の幕を開けたのは『寿曽我対面』。四代目橋之助が憧れの役だったという曽我五郎を勤め、三代目福之助の近江、四代目歌之助の八幡と襲名する三人がそろい、劇中口上を述べました。「兄弟三人で力を合わせ、芸道に精進いたします」と口火を切った橋之助に続き、福之助が「芸に精進しますので、なにとぞご指導のほどよろしくお願いいたします」、福之助は「兄二人とともに力を合わせていきます」と、初めての顔見世興行出演となる二人も堂々とした口上で、大きな拍手を浴びました。

 

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『義経千本桜』「渡海屋」 左より、中村芝翫、中村時蔵

 

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『二人椀久』 左より、片岡仁左衛門、片岡孝太郎

 『義経千本桜』「渡海屋・大物浦」では、八代目芝翫が満を持して襲名披露狂言にふさわしい知盛を見せました。この公演のためにしつらえられた花道を、手負いの知盛が駆けだしてきたとき、芝翫の知盛に対する熱い特別な思いが、お客様の胸にも大きく迫りました。幕間をはさんでも興奮冷めやらぬ客席を、一気に幻想の世界へと変えたのは、仁左衛門と孝太郎の『二人椀久』。しっとりとした舞踊に酔いしれたまま、あっという間に昼の部は打ち出しとなりました。

 夜の部『良弁杉由来 二月堂』では、藤十郎、鴈治郎が、母子の運命の再会を情愛たっぷりに見せ、濃厚なドラマを堪能したあとは、『俄獅子(にわかじし)』。時蔵と孝太郎の艶やかな芸者に、粋な鳶頭の橋之助、福之助、歌之助がそろい、襲名披露を祝う客席から大きな拍手が贈られました。

 

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『二月堂』 左より、坂田藤十郎、中村鴈治郎

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『俄獅子』 前列左より、中村福之助、片岡孝太郎、中村橋之助、中村時蔵、中村歌之助

 

 『人情噺文七元結』は芝翫の襲名披露狂言。公演前には、まさか自分が長兵衛をやるとはと語った芝翫ですが、仁左衛門、梅玉、魁春と顔がそろうなか、客席をおおいに笑わせ、泣かせ、そして芝居のなかでの襲名披露口上。「先祖の名を汚さぬよう精進いたします。皆様のご贔屓ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」と気を引き締め、初日に駆けつけてくださったロームシアター京都のお客様に、あらためて感謝の気持ちを表しました。

 

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『人情噺文七元結』 左より、片岡仁左衛門、坂東彌十郎、中村壱太郎、中村扇雀、中村芝翫、中村七之助、中村梅玉

 

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

 『大江山酒呑童子』 前列左より、中村橋之助、中村勘九郎、中村七之助

 終幕を飾ったのは『大江山酒呑童子』。勘九郎、七之助、壱太郎に、襲名披露の橋之助、福之助、歌之助もそろい、若手俳優の好演が新鮮な舞台を生み出しました。広い劇場いっぱいのお客様から温かい拍手がいつまでも続き、ロームシアター京都初の「吉例顔見世興行」の初日は、大盛況のうちに幕となりました。

 ロームシアター京都 メインホール「京の年中行事 當る戌歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」は、12月18日(月)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

2017年12月01日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る