ニュース

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

 

 

 4月1日(日)に大阪松竹座で初日を迎える、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』に向け、出演の市川猿之助、坂東巳之助、尾上右近、坂東新悟、中村隼人が意気込みを語りました。

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

ダブルキャストと新しい出演者

 昨秋、新橋演舞場の公演中に猿之助が怪我で休演、配役を変更して上演されました。「右近君がルフィ、ハンコックの代役をやってくれたけど、立派に本役としてやっていけると思い、今回、ダブルキャストになりました。イワンコフは浅野和之さん以外、考えられない役で、だからこそぜひほかの人でやりたいと。その人しかできないと作品が後世まで残りませんから」。そんな思いから、ミュージカルで活躍している下村青が新たなイワンンコフ役に加わりました。

 

 かつて劇団四季に所属していた下村が、今回のオリジナル曲を歌うのを聴いた巳之助は、「ニューカマーランドで流れる曲のアレンジになっていて、そこに下村さんの歌が乗っていて、すごく素敵だなと」、右近は「ぜんぜん浅野さんと違う形で、かなりのスパイスを効かせていただき、また新鮮な気持ちで芝居に臨めると思います。世界観が持っていかれます」。猿之助の「ミュージカル仕立てにしたかった」という演出意図が、早くもいい効果となって表れているようです。

 

『ワンピース』を作品として見てみたい

 4バージョンの配役で上演される大阪松竹座公演。演者が違えば、「演出も違います」と猿之助。ルフィも猿之助と右近ではまったく異なるとのこと。また、東京では1回きりだったシャンクスを猿之助は「今回、ちゃんと見せたい。原作では(普通の造形で)歌舞伎とは対極にある役。原作そのままの人がやるならいいけれど、僕の場合、どうせなら思い切りやろうと、歌舞伎俳優以外は似合わないぞという役にしてみました」。

 

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

 巳之助は初演以来、変わらずゾロ、ボン・クレー、スクアードの3役を勤めています。「実は、第一幕から最後までほぼ出ずっぱりなので、出番でないときに見るということもできない。1回くらい『ワンピース』という作品を見てみたい。客観的に見られることがあったらいいなと」。客観的に作品を見ることで新たな発見があった、ほかの面々へのうらやましさを語りました。

 

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

客観的に見て自分の役を深められるダブルキャスト

 サディちゃん役について右近は「新悟さんの体型、声が素敵。自分に足りない部分を動きや違う形で補いたい」、新悟は「右近君の動きのキレには及ばない。初演では彼のサディちゃんを追い求めてしまったけれど、次は自分なりの役をつくっていきたいなと」、ダブルキャストならではの役づくりもある様子。

 

 マルコについても、隼人が「マルコの特徴や思い、背景が原作漫画で入っているので、いかに自分がそれを出していけるか」、役を追求するその姿を同じ楽屋で見ていた右近は「僕は僕なりの形を深め、見せ方を追求していきたい」と、互いにイメージや先入観を払しょくし、自分の役をどうお見せするかを考え、とり組んでいることがわかりました。

 

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

舞台を離れ、演出の立場としてわかったこと

 猿之助の休演中、「特別なことは何もしない、考えないことが大切」(巳之助)、「一回入魂、全力投球でできればよし、できなければそのとき考える」(右近)、「いつもやっていることをちゃんとやること」(隼人)と、頼もしい舞台を見せた三人。初参加だった新悟も「稽古でお兄さんから言われたことを反芻し、後輩、若手だからと引いてしまわず、自分がこの芝居を面白くしないといけないという覚悟」で、舞台を大きく盛り上げました。

 

大阪松竹座『ワンピース』を出演者が語る

 猿之助は、『ワンピース』が「作品として感動していただけたのが非常によかった。猿翁の伯父は作品を残せとよく言っていましたが、それはできたのかなと。今後、変えていくとすれば、(LEDなど技術的な)舞台機構。そして、絶対にいじれない形、究極の形にしていきたい。ゆくゆくは皆が口伝を残せるくらいになれば」と、演出としての手応えを感じたようでした。

 

 スーパータンバリンは「ピンクと青の新色を出し」、主題曲の「TETOTE」のゆずバージョンは、ゆずのニューアルバムにも収録されます。「同時に盛り上がっていければ」と、舞台の外での仕掛けも忘れてはいません。

 「まだ見たことがない方にご覧いただいて、初演のときの興奮をまた一緒に味わえたらうれしい」(巳之助)、「キャストのバリエーションを楽しみながら勤めさせていただく」(右近)、「大阪初演のサディちゃん、ナミのイメージをくつがえし、こっちもよかったと思っていただけるようにしたい」(新悟)、「劇場がコンパクトなので、東京とはまた違うことができるかもしれない。つくり上げるものを楽しみに」(隼人)。2年ぶりの大阪松竹座の『ワンピース』へ、ぜひ足をお運びください。

 

 大阪松竹座スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』は4月1日(日)から25日(水)までの公演。チケットは、チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイトチケットホン松竹で販売中です。

2018年03月18日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る