歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

女方の髪 花かづら



結綿のおしどり掛け

豪奢な町娘―結綿のおしどり掛け

 『新版歌祭文(野崎村)』のお染や長唄舞踊『手習子』のお駒など、町人の裕福なお嬢さんの役の鬘(かつら)で、「結綿(ゆいわた)のおしどり掛け」と呼ばれます。「結綿」とは、町娘の代表的な髪型の名称で、「つぶし島田」の髷(まげ)に鹿の子絞りなどの布が掛けられているのが特徴。鬘の後ろに注目してみると、すーっと橋を渡したような髪がありますね。これが「おしどり」と呼ばれる部分。前には房付きのくす玉や前ざし、後ろには色元結(もっとい)など多種の飾りで彩られ、大変華やかな鬘です。

文・田村民子 / 写真・小澤義人 / 協力・有限会社光峯床山