歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

女方の髪 花かづら



地髱の結綿がけ

豪奢な町娘―結綿のおしどり掛け

 世話物に登場する町屋の娘など、典型的な町娘の髪型です。髷(まげ)には鴇色(ときいろ)の鹿の子絞りの布、前には朱塗りの飾り櫛に細い絹糸で作られた「すが糸」、小花のつまみ簪(かんざし)と、飾りの数は決して多くはありませんが、シンプルさのなかに愛らしさが漂う髪形です。
 歌舞伎の髪形や飾りは、その役の身分や年齢、性格などを繊細に表しています。たとえば、この鬘の簪が銀色の「すすきの簪」になると、もう少し田舎の娘という設定となります。

文・田村民子 / 写真・小澤義人 / 協力・有限会社光峯床山