歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

女方の髪 花かづら



紫天神

紫天神―縁切り場の八ツ橋

 『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』の見せ場のひとつ「縁切り場」で、吉原の傾城(けいせい)八ツ橋が次郎左衛門に愛想づかしをする場面の鬘(かつら)です。
 紫縮緬(むらさきちりめん)と呼ばれる大きなリボンが目を引くこの鬘には、紫天神(むらさきてんじん)という粋な名前がついています。傾城が部屋でリラックスしているときの髪型で、衣裳もくつろいだ部屋着となります。
 紫縮緬は目を引くだけに、大きさや形に気を遣うとのこと。床山さん自身が鬘全体とのバランスをみながら針仕事をして作られるそうです。

文・田村民子 / 写真・小澤義人 / 協力・有限会社光峯床山