ニュース

歌舞伎座ギャラリー、第三回「ぎんざ木挽亭」のお知らせ

 10月26日(金)、歌舞伎座ギャラリーで、第三回「ぎんざ木挽亭」 by TOKYO KOBIKI LABが開催されます。 

 第二回の開催直前、9月25日(火)チケット発売となる第三回「ぎんざ木挽亭」。木挽町ホールの舞台背景も変わっての3回目、秋の夜長をおおいに笑ってお過ごしいただけるイベントです。今回も、2部に分かれての構成、いずれも、日本の演芸をたっぷり味わえる内容です。

 

歌舞伎座ギャラリー、第三回「ぎんざ木挽亭」のお知らせ

 第一部に登場する古今亭菊之丞

 第一部 「寄席演芸で聞く芝居のハナシ」には、古今亭菊之丞が登場します。日本舞踊の稽古もしているという菊之丞の高座は、色気と艶があり、江戸、明治を感じさせる噺家といわれています。今回の一席は人情噺「唐茄子屋政談」。季節にちなんで秋の味覚、唐茄子(かぼちゃ)をとり上げます。前進座の舞台『唐茄子屋』でごぞんじの方も多いことでしょう。じっくりお楽しみください。

 

 第二部 「神田松之丞の会」のゲストは、松之丞が尊敬する講談師、宝井琴調。これぞ講談、と誰もが認める琴調と、飛ぶ鳥落とす勢いの松之丞、二人が有名なお裁き三題を交互に聴かせます。歌舞伎でもお馴染みの大岡越前が将軍をいさめる「名君と名奉行」と、『忠臣蔵』「十段目」の天河屋で知られる「天野屋利兵衛」を松之丞、そして、落語「小間物屋政談」の原作「万両婿」を琴調が披露します。

 

 いずれのチケットも、下記をご覧のうえ、ぜひお早めにお求めください。

 

歌舞伎座ギャラリー、第三回「ぎんざ木挽亭」のお知らせ

 松之丞のぎんざ木挽亭出演も3度目、今回は舞台の背景もぐっと変わります。乞うご期待!

*TOKYO KOBIKI LABとは

 「TOKYO KOBIKI LAB(トウキョウ コビキ ラボ)」は歌舞伎に限らず「日本文化全般を幅広く発信する」新プロジェクトです。その第一弾として歌舞伎座ギャラリーで「ぎんざ木挽亭」を開催。 幅広い世代の方にお楽しみいただけるよう、古典芸能から現代のポップカルチャーまで、古今を問わず多様な企画を打ち出していきます。

 

━━━━━━━━━━━━━

第三回「ぎんざ木挽亭」

by TOKYO KOBIKI LAB

━━━━━━━━━━━━━

ぎんざ木挽亭 第一部 「寄席演芸で聞く芝居のハナシ」

第3回 古今亭菊之丞 独演会

「唐茄子屋政談」ほか全二席

出演:古今亭菊之丞

 

ぎんざ木挽亭 第二部 「神田松之丞の会」 

Vol.3 政談物特集 ~お裁き~

松之丞「名君と名奉行」
琴調「万両婿」
松之丞「天野屋利兵衛」

出演:神田松之丞(主任) 宝井琴調(ゲスト)

 

 

日時

2018年10月26日(金)

第一部 19:00開演(18:45開場) ※公演時間は約90分を予定

第二部 21:15開演(21:00開場) ※公演時間は約120分を予定

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー5階

 

料金

第一部 前売り:3,300円/当日3,500円

第二部 前売り:3,300円/当日3,500円

※全席指定、料金はすべて税込

※前売り券完売の場合、当日券の販売はありませんので、ご注意ください。

※当日券販売がある場合、17:00~歌舞伎座ギャラリーで販売を予定しています。

 

2018年9月25日(火)10:00発売

 

チケットWeb松竹 チケットWeb松竹スマートフォンサイト

※チケットホン松竹でのお取扱いはありません。

 

お問い合わせ

松竹株式会社 TOKYO KOBIKI LAB事務局 03-5550-1962(平日9:30~18:00)

sh_engeki_kg_event@shochiku.co.jp

2018年09月20日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る