歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

松也、舞台『エリザベート』開幕に向けて

elizabeth_0609a.jpg

 左より、山崎育三郎、井上芳雄、蘭乃はな、花總まり、城田優、尾上松也

 

 6月13日(土)から、東京 帝劇で開幕するミュージカル『エリザベート』に出演の尾上松也が、出演者たちと初日を前にした会見に臨み、公演への意気込みを語りました。

 ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと、黄泉の帝王トート(死)の愛を描いた物語が、耳に残る名曲の数々とともにミュージカルとなって、ウィーンから世界に飛び出して23年。日本へは初演から4年後の1996年に上陸、以来、再演を重ねていますが、2015年版は新たなキャストを迎え、舞台美術と衣裳も一新して上演されます。この作品に、狂言回しであり、物語の鍵を握るルイジ・ルキーニ役として、松也が初出演します。

松也、舞台『エリザベート』開幕に向けて

 「『エリザベート』に出演するのが夢でしたので、ルキーニという役で出させていただくことを本当に光栄だと思っています」と、出演の喜びを語った松也。高校時代から仲よくしていると言うトート役の城田優とは、一昨年の『ロミオ&ジュリエット』以来、2度目の共演で、ほかのキャストも顔ぶれが一新、会見に出席した6人の出演者は「自分たちの世代の新しい『エリザベート』をつくる」と、口をそろえました。

 オープニングから新たな演出で「トートとルキーニのフェイク合戦もある」とのことで、今回はいろいろな意味で新ルキーニ誕生となりそうです。「新たな『エリザベート』の第一歩だと思うので、自分も自信をもって、初日に向けてもっと仕上げていきたい」と、松也は力強い言葉で意気込みを語りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミュージカル『エリザベート』
━━━━━━━━━━━━━━━━━
出演:花總まり/蘭乃はな 城田 優/井上芳雄
    田代万里生/佐藤隆紀(LE VELVETS) 古川雄大/京本大我(ジャニーズJr.)
    未来優希 剣 幸/香寿たつき 山崎育三郎/尾上松也

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎


日程
6月13日(土)~8月26日(水)
※6月11日(木)・12日(金)はプレビュー公演
キャストスケジュールはこちら

場所
帝国劇場
東京都千代田区丸の内3-1-1

チケット
S席:13,500円 A席:9,000円 B席:4,000円(税込)
※補助席販売(1階補助席:10,000円<税込>、2階補助席:4,000円<税込>)、当日券販売の詳細はこちらをご覧ください。

東宝ナビザーブ
・東宝テレザーブ 03-3201-7777(9:30~17:30)
・帝国劇場窓口販売(10:00~18:00)

お問い合わせ
帝国劇場 03-3213-7221

2015年06月10日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る