ニュース

弘太郎、鶴松「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

弘太郎、鶴松「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ
弘太郎、鶴松「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

▲  弘太郎(右)と鶴松(左)、どのような掛け合いになるか今から楽しみな二人

 

 

 8月26日(日)、歌舞伎座ギャラリーで開催される「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話(かぶきやわ)」に、市川弘太郎、中村鶴松が出演します。

 現在、歌舞伎座で上演中の『東海道中膝栗毛』に出演している二人が、歌舞伎座ギャラリーへ登場します。

 

 二人が演じるむく犬と三毛猫は、命を落とした喜多八の供養のために、伊勢参りへ向かう弥次郎兵衛たちの一行を助ける重要な役どころ。大人数によるだんまりをはじめ、趣向が盛りだくさんの賑やかな舞台から生まれた、できたてほやほやの裏話をお届けします。

 

 去る6月にも寿猿とともに出演し、すっかり「歌舞伎夜話」の常連となりつつある弘太郎は、持ち前の愛嬌を活かした活躍が光る、澤瀉屋一門のホープです。演技はもちろんのこと、今年2月には中日劇場の歌舞伎舞踊特別公演において、『連獅子』で狂言師左近後に仔獅子の精を勤めるなど、舞踊においても着実に研鑽を積んでいます。

 

 柔らかな人柄が魅力の鶴松は、中村屋一門の若手俳優として、立役、女方を問わずさまざまな役に意欲的にとり組み、今まさに伸び盛りを迎えています。今年2月に博多座『磯異人館』松岡十太夫娘加代ほかで名題昇進披露。6・7月には平成中村座スペイン公演において、マドリードでカナル劇場の舞台に立ちました。

 

 来たる歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」の新作歌舞伎舞踊『幽玄』にてともに伯竜、獅子の精を勤める二人。新たな挑戦にも注目です。二人の掛け合いからどんな話が飛び出すか。熱帯夜にも負けない熱い夜になることでしょう。チケットはお早めにお申込みください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話

―市川弘太郎、中村鶴松―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時

2018年8月26日(日)18:30開演(18:15開場)

※約1時間30分を予定

 

場所

歌舞伎座ギャラリー

(GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)

 

入場料

全席指定:3,000円(税込)

 

2018年8月21日(火)10:00発売

 

チケットWeb松竹チケットWeb松竹スマートフォンサイト
※チケットホン松竹での販売はありません。チケットWeb松竹のみの販売。

 

お問い合わせ

歌舞伎座ギャラリー 03-3545-6886(10:00~17:30)

 

 

「歌舞伎座ギャラリー」公式サイト

歌舞伎座ギャラリー特別展「平成歌舞伎三十年博」開催中

2018年08月16日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る