ニュース

愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

 左よりきゃりーぱみゅぱみゅと片岡愛之助。愛之助が、南座初出演となるきゃりーぱみゅぱみゅに、見得の仕方を伝えました

 4月30日(火・休)から5月25日(土)まで南座で開催される、『南座新開場記念 京都ミライマツリ2019 supported by SUNTORY』の製作発表に、愛之助が、「音マツリ -OTOMATSURI-」に出演のきゃりーぱみゅぱみゅとともに登場しました。

 4月30日(火・休)から5月25日(土)まで、前半と後半に分けて開催される『京都ミライマツリ2019』。5月12日(日)から25日(土)まで行われる、「昼マツリ -HIRUMATSURI-」では、歌舞伎のAR(拡張現実)体験コンテンツがあり、今回行われた製作発表でその詳細が明かされ、愛之助の映像出演が発表されました。

  

 
愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

 ARとの融合について、「今までやったことがないので楽しみ」と話す愛之助

 株式会社ミエクルと松竹株式会社との共同制作により今回実現したのは、「歌舞伎×AR 石川五右衛門~南座唐破風の場~」。『楼門五三桐』「南禅寺山門の場」をモチーフとして新たな脚本で書き下ろされた新感覚の体験を楽しめるコンテンツで、愛之助扮する石川五右衛門が登場します。「私が歌舞伎俳優として産声を上げた、本当に思い入れが深い劇場」、と片岡千代丸を名のって初舞台を踏んだ昭和56(1981)年12月を思い出しながら、南座のことを紹介した愛之助。「新開場してから11月、12月と出演させていただきましたが、フルフラットになったところはまだ見ていないので、非常に楽しみにしています」と、映像での出演となりますが、新しい舞台機構の活用が見られる『京都ミライマツリ2019』へ、期待をにじませました。

 

 
愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

 「歌舞伎×AR 石川五右衛門~南座唐破風の場~」は桜との融合もひとつのテーマ。南座の場内に舞い散る桜にも注目です

 今回用意されるAR体験コンテンツでは、メガネをかけた途端、「南座のどこかに私が出現しますので、私がどこにいるのか、何をしているのか、楽しみにしていてください」。「歌舞伎×AR」は、台数を限定して会場で貸し出し予定です。「昼マツリ -HIRUMATSURI-」にお越しの際は、お見逃しなきようご利用ください。

 

 

 また、製作発表では、ほかのイベントの詳細も披露。4月30日(火・休)から5月5日(日・祝)までの前半に開催される「音マツリ -OTOMATSURI-」では、きゃりーぱみゅぱみゅ、神田松之丞、m-flo & CAPSULE、DAISHI DANCE × →Pia-no-jaC←に加え、BiSHが5月1日(水・祝)に出演することが新たに発表されました。

 

愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

 歌舞伎とのコラボレーションとなる今回のきゃりーぱみゅぱみゅのライブ。隈取に、引抜き、早替りなど、愛之助から次々と演出への提案が!一体どのようなライブになるか、楽しみです

 この日、愛之助とともに登場したきゃりーぱみゅぱみゅは、京都旅行をした際、自身が南座に出演することを知る前だったにも関わらず、南座の外観を見て「ここでライブをしたい」と思ったと言い、「自分が、素晴らしいところだなと思った場所で、ライブができるのは本当に楽しみです。普段のライブとはひと味違った、かっこいいところを披露できたら」と意気込みました。

 

 後半に行われる「昼マツリ -HIRUMATSURI-」、「夜マツリ -YORUMATSURI-」では、歌舞伎ボディペイントのブースも登場し、お祭り気分を盛り上げます。さらに、「昼マツリ -HIRUMATSURI-」では、3月に渋谷で行われた「カブキノヒカリ展」で話題を呼んだ、『義経千本桜』をテーマとしたインタラクティブなコンテンツを、本水を使った滝の裏側でご体感いただくことができます。  

 「昼マツリ -HIRUMATSURI-」のお楽しみのひとつは「床」で楽しめる、お食事。サントリーの飲み物にぴったり合う、ここでしか味わえないお食事をご堪能ください

 『京都ミライマツリ2019』は、4月30日(火・休)から5月25日(土)までの開催。愛之助が映像出演する「歌舞伎×AR 石川五右衛門~南座唐破風の場~」をご体験いただける「昼マツリ -HIRUMATSURI-」は5月12日(日)から25日(土)まで行われます。チケットの詳細は、公式サイトでお確かめください。

 

『京都ミライマツリ2019』公式サイト

 

 

愛之助、南座『京都ミライマツリ2019』「歌舞伎×AR」に映像出演

 左より、安孫子正松竹株式会社副社長、きゃりーぱみゅぱみゅ、片岡愛之助、迫本淳一松竹株式会社社長

2019年03月31日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る