ニュース

松緑出演『荒川十太夫』10月歌舞伎座で上演決定、「神田松鯉・神田伯山 歌舞伎座特撰講談会」も開催

 『荒川十太夫』尾上松緑


右から神田松鯉、神田伯山

 

 

 2022年10月歌舞伎座「十月大歌舞伎」において、講談師で人間国宝の神田松鯉が口演する名作「荒川十太夫」をもとに、尾上松緑主演による新作歌舞伎の上演が発表されました。

 江戸時代からともに大衆の文化として人気を博してきた歌舞伎と講談は、互いに影響しあい、交流をもちながら同じ題材による新たな作品を生み出してきました。元禄年間に起きた「赤穂事件」は、歌舞伎では三大名作の一つ『仮名手本忠臣蔵』でよく知られ、講談には「赤穂義士伝」として多くの話が残されています。「荒川十太夫」はその一つで、四十七士に関わる人物に焦点を当てた外伝物として、松鯉が得意とする人気作です。討ち入り後、松平家にお預けとなった堀部安兵衛の介錯をした下級武士、荒川十太夫が咄嗟についた嘘と苦悩、そして武士としての覚悟が情感豊かに描き出されます。

 

 松緑は、「今回、松鯉、伯山両先生の御快諾を頂き『荒川十太夫』を歌舞伎座でかける機会を得られましたこと、心からうれしく思っています。また、私の長年の盟友でもある西森英行さんが初めて歌舞伎の演出に力を貸してくださることも感謝しています。私のなかでは講談と歌舞伎も親戚関係に近いと考えております。今回に限らず、今後も講談の名作を歌舞伎として上演できればとも願っています」と、上演に向けての思いを述べました。

 

 「十月大歌舞伎」公演の詳細は、決まり次第、公演情報でお知らせいたします。講談から生まれた新たな感動作に、どうぞご期待ください。

 

 さらに、『荒川十太夫』上演を記念して、9月28日(水)に、神田松鯉と神田伯山による特撰講談会が歌舞伎座で行われることが決定しました。この日は、神田松鯉の80歳の誕生日でもあり、「神田松鯉傘寿を祝って」と題された特別な会となります。

 

 松鯉は「現伯山の発案で歌舞伎座での親子会が実現する事になった。昭和42年から43年にかけて、ごく短期間だが二代目中村歌門先生の弟子だった私にとっては懐かしい場所である。なんと、その日は私の満80歳の誕生日。関係者の粋な計らいに胸が熱くなった」、伯山は「“講談の公演を歌舞伎座で” というのは、二ツ目時代から願っていたことなので、光栄でうれしいです。昔はあらゆる日本文化のジャンルが切磋琢磨して影響し、各々の伝統をつないできました。このコロナ禍において、各々の伝統芸能はさらに連帯を強めているような気がします」と、それぞれコメントを寄せました。講談会の詳細は下記をご確認のうえ、どうぞお楽しみください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

十月大歌舞伎 『荒川十太夫』上演記念

「神田松鯉・神田伯山 歌舞伎座特撰講談会

 ~神田松鯉傘寿を祝って」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一、開口一番 

一、赤穂義士伝より 「安兵衛駆け付け~婿入り」
  神田伯山

一、特別鼎談
  神田松鯉 神田伯山 尾上松緑(特別ゲスト)

一、赤穂義士外伝より 「荒川十太夫」
  神田松鯉

 

■日時

2022年9月28日(水)

14:00開演/18:00開演

 

■会場

歌舞伎座(東京都中央区銀座4-12-15)

 

■チケット

チケットホン松竹  0570-000-489(10:00~17:00)

チケットWeb松竹(24時間受付)

 

2022年8月21日(日)10:00より電話予約・WEB受付開始

 

■お問い合わせ

松竹株式会社 開発企画部

 

2022/07/28