歌舞伎いろは
【歌舞伎いろは】は歌舞伎の世界、「和」の世界を楽しむ「歌舞伎美人」の連載、読み物コンテンツのページです。「俳優、著名人の言葉」「歌舞伎衣裳、かつらの美」「劇場、小道具、大道具の世界」「問題に挑戦」など、さまざまな分野の読み物が掲載されています。


芸能小宇宙を出現させる、歌舞伎の背景画

幕が開き、大掛かりな舞台美術が現れると私たちの心は一気に歌舞伎の宇宙へとトリップします。この空間が生み出される、歌舞伎座の舞台裏を拝見してきました。

  • 壱 舞台美術を一手に担う、大道具の仕事
  • 弐 版画の手法で描く、歌舞伎の背景画
  • 参 緻密なディティールが豊かな空間をつくる
「歌舞伎のひらめき」は、観客をはっと驚かせる工夫に秘められた、技と心を紹介するシリーズです。

1 2 3 4   次のページへ

歌舞伎のひらめき

歌舞伎座の劇場空間には、窓がありません。その真っ暗闇から、輝く芸を、歌舞伎らしく浮かび上がらせるのが照明なのです。—2009.03.10

女も、男も、鬢のほつれた姿にははっとさせられるものです。歌舞伎の舞台の乱れ髪。その秘密に、迫ります。—2009.02.10

観客の眼前で、全く違う姿に変化させる、華麗なるしかけ、引抜き。観る人すべてを釘付けにする、輝く一瞬に迫ります。—2009.01.09

歌舞伎の舞台には、蝶が舞い、怪しげな人魂もゆらゆら現れる。それらを陰からあやつり、命を吹き込んでいるのが差金なのです。—2008.11.10

宙に浮く葛籠から、魔法のように現れ出る石川五右衛門。そうなることは分かっていてもいつも驚かされるのは、単なるしかけを越えた美学があるからなのです。—2008.10.10

ページの先頭へ戻る