歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人 かぶきびと

ニュース

【上演時間更新】月乃助が「初春新派公演」出演

三越劇場「初春新派公演」 2016年1月、三越劇場「初春新派公演」で上演される『糸桜 ―黙阿弥家の人々―』に、市川月乃助が出演します。

[チラシを拡大する裏面を見る]

 正月の三越劇場恒例の「初春新派公演」で、4度目の出演となる月乃助が、河竹黙阿弥生誕二百年記念として上演される『糸桜』に出演することが決まりました。

 『糸桜』の原作は、一昨年に亡くなった河竹登志夫氏の『作者の家』(岩波現代文庫)。“最後の狂言作者”と称される歌舞伎作者の河竹黙阿弥から続く、黙阿弥家の歴史を描いた作品で、河竹氏はこの作品で読売文学賞、毎日出版文化賞などを受賞しています。

 河竹登志夫の父、河竹繁俊の養母である糸女は、黙阿弥の娘。黙阿弥の死後、その後継者として生涯独身で「家」を守り、女手で実兄との間の相続やトラブルに立ち向かって、家を切り盛りする糸女を中心に物語は展開します。

 黙阿弥生誕から200年という記念の年に新作として上演される『糸桜』で、糸女を演じるのは波乃久里子、月乃助は養嫡子の河竹繁俊役を勤めます。元宝塚トップスター大和悠河の新派初参加も話題。正月気分を盛り上げる「新年踊り初め」も合わせて上演されます。初春は三越劇場の新派公演へ、ぜひ足をお運びください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
三越劇場「初春新派公演」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
   河竹黙阿弥生誕二百年記念
一、糸桜(いとざくら)-黙阿弥家の人々-
    糸女:波乃 久里子
    みつ:大和 悠河
    河竹繁俊:市川 月乃助 ほか

二、新年踊り初め
   劇中にて新春ご挨拶申し上げます


日時
2016年1月2日(土)~25日(月)
11:00/15:00開演
※2日・3日は13:00開演のみ
※5日、8日、11日、14日、17日、20日、22日、25日は11:00開演のみ

【上演時間】
  午前の部
(午前11時開演)
     午後の部
(午後3時開演)
市川月乃助入団ご挨拶   11:00-11:05   3:00-3:05
『糸桜』
  一場~三場
11:05-12:05   3:05-4:05
  <幕間 10分>
『糸桜』
  四場~六場
12:15-1:00   4:15-5:00
  <幕間 30分>
『新年踊り初め』 1:30-2:00   5:30-6:00

※1月3日記。時間は変更になる場合があります。



場所
三越劇場


チケット
全席指定:9,000円(税込)

2015年11月30日(月)10:00~発売

チケットWeb松竹
チケットWeb松竹スマートフォンサイト
チケットホン松竹 0570-000489 03-6745-0888
三越劇場チケットショップ 0120-03-9354(10:00~18:00)
※三越劇場は12月1日(火)発売。前売り初日は電話、インターネット予約のみ


団体観劇のお申込み、お問い合わせ
松竹株式会社 演劇興行部販売課 03-5550-1685
三越劇場 0120-03-9354(10:00~18:00)

2015年05月11日

月別ニュース一覧へ
ページの先頭へ戻る